宇宙で一番美しい周期表入門 (青春新書インテリジェンス)

著者 :
  • 青春出版社
3.57
  • (0)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413041874

作品紹介・あらすじ

本書は、元素周期表の美しい法則を読み解くとともに、この世の物質のすべてである元素のヒミツを誰にでもわかりやすく解説したものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とりとめもなく話を展開しているようで、まんべんなく元素を紹介しています(さすがに全部ではないけど)。化学の基礎も織り交ぜてますし、話題もわりとタイムリー。

  • 1.It was hard to follow the author in the part of how various atoms were created.

    2.The rule of the electoron orbit are also complex and beyond my imagination ---> read it again to understand!

    3.historical stories about atomic physics were interesting.

  • よかった、ような気がする

  • 細胞の活動から宇宙の創生まで、元素を切り口にして、自然界の仕組みを平易に面白く解説。生物なら分子や高分子のレベルで、宇宙なら素粒子で語られる話題が、ちょっと違った書き方になっていて面白い。原子核の周りを電子が回り、電子の出入りで何かがおきるという教科書的一般知識が、現実の自然界でどんな役割を果たしているか、具体的にイメージできるようになった。周期表上で水素HとヘリウムHeの間の空白の理由が判明し、Wikipediaを読んでもわからなかったα線とβ線についても、ちょっとだけ解った気になれたのが収穫。新しい元素の発見や生成に関する、化学者と物理学者の対立軸が印象的。

  • 101206読了

  • [ 内容 ]
    本書は、元素周期表の美しい法則を読み解くとともに、この世の物質のすべてである元素のヒミツを誰にでもわかりやすく解説したものである。

    [ 目次 ]
    序章 周期表には美しいヒミツがある
    第1章 その時、元素が発見された!-元素概念の結論
    第2章 レアメタルはどこにあるのか?-最先端電子機器のカギが眠る
    第3章 生命活動の真実-人間に必要な、毒!?
    第4章 元始、宇宙は単純だった-周期表1番目の水素の威力
    第5章 カラダの材料は核反応で-遠い昔遠いどこかで誕生した元素
    第6章 あるはずの新元素を探して-周期表を埋める人工元素と放射性元素

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

小谷太郎 こたに・たろう1967年生まれ。東京大学理学部物理学科卒。博士(理学)。理化学研究所、NASAゴダード宇宙飛行センター等の研究員を経て、大学教員。著書に『科学者はなぜウソをつくのか』(dZERO)、『知れば知るほど面白い宇宙の謎』(知的生き方文庫)、『数式なしでわかる相対性理論』(中経の文庫)、『理系あるある』(幻冬舎新書)など多数。

「2016年 『知れば知るほど面白い 不思議な元素の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小谷太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする