3語で9割通じる英会話 (青春新書インテリジェンス)

  • 青春出版社
3.32
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413041928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実用的な短いセンテンスが載っていてとても為になる本。

  • これは、旅の友っすね。全く英語が聞こえてこない環境で読んでも、なるほどそれは良い表現だ、って思うだけで、全然身には付かない。もしくは、勉強として繰り返し読み返すものでした。

  • 小飼弾『新書がベスト』

  • なんか、単語帳をひたすら読まされている感じがして、つらかった。

  • 読んでて楽しい。3語でこれだけ話せるのか!と思わせてくれる。しかも結構中学レベルくらいな気がする。
    多分漠然と読んでるだけだとすぐ忘れちゃうから反復して読まないと。音声教材があればもっといいのになぁ。

  • デイビッド・セイン著「3語で9割通じる英会話」青春出版社(2008)
    * 簡単な言葉でできた短いフレーズで話をすれば、相手はあなたの話に興味をもってくれるはずです。逆に英語をうまく話さなければと力んでしまうと、フレーズが長くなりがちです。
    * こまかい発音などを気にしないでどんどん3度フレーズを使ってみてください。そうすれば会話は自然にはずみ、相手があなたを見る目は変わってくるはずです。

  •  よくあるフレーズ集。その英語~シリーズのほうがいいかな。

  • トイレでちょこっとずつ読んでいた。
    こんなフレーズがさらっと言えるようになればなあとは思うが、道のりは長い。

  • @0217260926

  • [ 内容 ]
    ネイティヴは、短いのがお好き!?
    会話のキッカケがつかめる!
    話がはずむ!
    微妙なニュアンスを表現できる「とっさのひとこと」。

    [ 目次 ]
    1 “初対面”がラクになるとっさのひとこと
    2 もうちょっと仲良くなりたいときの“3語フレーズ”
    3 “自分のこと”が上手に伝わる言い方
    4 仕事がスムーズになる頭のいいセリフ
    5 旅がグッと楽しくなる“簡単トーク”
    6 恋がうまくいく秘書の言葉
    7 こんなときどう言う?困ったときの英会話

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

米国生まれ。英会話学校経営、翻訳、英語書籍・教材制作などを行うクリエーター集団「エートゥーゼット」代表。日本で30年近く英語教育に携わり、累計400万部の著作を刊行してきたベストセラー著者。主な著書に『もしもネイティブが中学英語を教えたら』(アスコム)、『まんがでマスターネイティブが使い分ける動詞・名詞・形容詞』(ナツメ社)などがある。デイビッド・セイン英語ジムも主宰。

「2018年 『学校英語は忘れなさい リニューアル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デイビッド・セインの作品

3語で9割通じる英会話 (青春新書インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする