2時間でザックリわかる!世界の宗教問題の基本 (青春新書INTELLIGENCE)

著者 :
  • 青春出版社
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413042017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界の問題の裏には宗教が絡む。シンプルに説明している分、表層的。

  • ざっくりイスラム教とキリスト教の事が分かります。
    イスラム教とキリスト教の神は同じ、民主主義が相入れないのは神の位置付けが違うから

  • 宗教問題は価値観でずいぶんと軸がずれるので、
    どこまでが正しいと言っていのかわからないので評価はなし。

  • チベット問題から印パ、イスラエルとパレスチナなど、宗教問題から来る紛争の
    背景が一通り分かりやすく書かれています。ページにも限界があるので浅く広く
    ですが、ニュースが分かる程度の知識はかろうじてつくと思います。
    話もすっと入ってきて、これは良書です。
    但し、基本的な知識が身に付いている方には簡単すぎますのであしからず。。

  • 【これから本】

    最低限知っておきたい、基本。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1956年、群馬県生まれ。早稲田大学大学院文学研究修了。現在、中央大学総合政策学部教授、ならびに早稲田大学政治経済学部講師。東方研究会、東方学院講師。専門は比較宗教学、インド思想。著書に『インド中世思想研究』(共著、春秋社)、『シク教の教えと文化』(平河出版社)などがある。

「2008年 『ブッダとムハンマド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

保坂俊司の作品

ツイートする