「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)

著者 :
  • 青春出版社
3.78
  • (22)
  • (35)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 283
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413042383

作品紹介・あらすじ

あなたの心は、あなたの食べたものでできている!なぜなら、心の働きにかかわる脳内神経伝達物質は、栄養素によってつくられるからだ。栄養素の不足や血糖調節異常は「うつ」とよく似た症状を示すが、著者は栄養指導により多くの精神症状を改善してきた。本書では、うつに陥りやすい現代人の食事の問題点や、心に効く食べ方を解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際のところ、食べ物が原因かどうかはその人の判断によるのでは。ただし食生活は大事なので、栄養バランスを考えるきっかけになります。

  • ビタミンBを摂取しよ〜

  • 図書館
    挫折

  • *脳を安定して働かせるためには、必要な栄養素を必要な量供給することが、絶対条件(p6)

    *心や感情は、脳が作っている(p34)

    *神経伝達にはビタミンB6が不可欠(p42)

    *ビタミンやミネラルのうち、なにか一つでも極端に欠乏しているだけでも、身体には影響を及ぼす(p48)

    *野菜ジュースなど、お手軽なものはお手軽なだけの価値しかない(p80)

    *心身ともに健康を保つにはたんぱく質が欠かせない(p85)

    *理想的なバランスで食べたら、身体も理想的なものに作り変えることができる(p90)

    *キーワードは「スロー」(p175)


    【内容・感想】
    自分自身が食べたものによって感情に変化があるな、ということに気づき、何かわかることはないかと思い、食べ物と心身の関係について、わかりやすく書いてあるものをアマゾンで検索。うつな訳ではないが、評価の★の多さとレビューを見て、早速図書館へ。
    医学的な言葉はなるべく優しく書かれており、具体例の数も適当で、読みやすい。
    そして、身体と心のいい状態を保つには、「栄養素」がどれだけ重要か、わかった。
    寝る前に牛乳を飲むと良いと言われる理由や、なぜスナック菓子が身体に悪いのか。
    欲しかった答えがそのまま載っていた。
    最終ページの栄養素の付録はコピーさせてもらいました。
    付箋ペタペタしながら一気に読んでしまった。

  • 2009年6月15日 初版

    かなり印象的な内容の本である。
    要約すれば
    「心の働きにかかわる脳内神経伝達物質は食事によって摂取する栄養素によって作られるので、心は食べ物で出来ていると言って過言ではない」
    ということ

    この説明は聞いてみると至極もっともと感じるのだが、うつ的な症状が出たときに私たちが感覚的に感じるのは「環境」のせい、でありまさか食べ物が影響しているとはなかなか思いつかない。しかしこれは単に認識の誤りであるのだ。

    個人的にはビタミンと亜鉛、葉酸あたりが足りてない可能性があるのではないかと思った。

    健康好きの日本人が勘違いしている栄養の話がいろいろ読めると思う。

  • 読書録「「うつ」は食べ物が原因だった!」4

    著者 溝口徹
    出版 青春出版社

    p87より引用
    “ では、燃やすにはどうすればいいか。カ
    ギを握っているのは筋肉の量だ。最大のエネ
    ルギー燃焼工場である筋肉の量が多ければ、
    カロリーはどんどん燃える。”

    目次から抜粋引用
    “「うつ」の95%は脳の栄養不足!?
     心をつくる脳の仕組み
     栄養療法で心が元気になるメカニズム
     心のトラブルを引き起こす5つの栄養欠損
     今日から実践!「うつ」にならない生き方”

     医師である著者による、精神疾患に対して
    体の栄養状態から改善するコツを記した一冊。
     うつに対する投薬治療の問題点から実際的
    な栄養のとり方まで、栄養の摂り方がいかに
    脳に影響を与えるかをまとめてあります。

     上記の引用は、カロリーと栄養について書
    かれた項での一節。
    減量を考えるのならば、先ず筋肉を増やすこ
    とを考えるのがいいようです。石井直方氏の
    「一生太らない体の作り方」でしたでしょう
    か、ボディビルダーの視点から減量について
    書かれた一冊を思い出します。
     普段目にする栄養についての考えとは、違
    う部分も多くて、戸惑うところがあったりも
    しますが、全てを信じてまるっきり方向転換
    をするのではなく、少しずつ簡単に試せると
    ころから試すといいのではないでしょうか。
    食べるものと食べ方を変えるだけで、心身と
    もに調子よく毎日を過ごせるのならば、こん
    なにいい方法はないと思います。

    ーーーーー

  • 甘いもの好きでしたが、この本のおかげで食生活を見直しました。今では植物性のプロテインを毎日摂取しています。

  • 女性でうつだと思ったらヘム鉄不足を疑ってみる。など。新しい選択肢。

  • 心理学→脳科学→栄養学へと私をいざなってくれた一冊です。

  • カルシウムと亜鉛を同量とらないといけないのは大変だ。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、1996年、痛みや内科系疾患を扱う辻堂クリニックを開設。2003年には日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開設。オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)療法に基づくアプローチで、精神疾患のほか多くの疾患の治療にあたるとともに、患者や医師向けの講演会もおこなっている。

「2019年 『発達障害は食事でよくなる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

溝口徹の作品

「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)を本棚に登録しているひと

ツイートする