法医学で何がわかるか (青春新書インテリジェンス)

著者 : 上野正彦
  • 青春出版社 (2011年7月2日発売)
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413043236

法医学で何がわかるか (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  本を書く人はみんなそうかもだけど,著者も自分の仕事にものすごい自信を持っているのがよくわかる。「たとえ死体を焼いても、私のような専門家が見れば、殺人を隠し通すことはできない。そう知らしめないと、これからも真似をする犯罪者が出てくる」p.23
     これはある意味頼もしくて,いいことなのかもしれないけど,過剰な自信はちょっと怖い。「私が推理したとおり、犯行現場の状況と死体所見が示したままの結果だった。」p.70,「いまの法医学者たちは知識は豊富でも、まだまだ経験が足りないと痛感する。」p107
     被害者への感情移入も隠さない。「さぞ苦しかったであろう。生きながら死ぬことに、さぞ恐怖したことであろう。」p.117
     法医学の鑑定は,冷静中立にやらないとまずいんじゃないかと思ったりするけど,人間が執刀する以上やはり難しいのだろうか。戦後多くあった冤罪事件で,被告人を有罪にする鑑定結果が法医学者から出されていた。古畑鑑定などが有名。あまり自信過剰だったり,犯人を何とか罰したいとか思っていると,目が曇るんじゃなかろうか。著者には失敗談などないんだろうか。「犯人を特定するに至らなかった」みたいのじゃなく。

  • 途中までの遺体に関する冷静でリアルな描写に思わず目を背けてしまい、読むのを中断しようかと思ったが、最後まで読んで良かった。後半に監察医の問題が挙げられていて、海堂尊さんの主張と重なり、興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

上野正彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
上野正彦
有効な右矢印 無効な右矢印

法医学で何がわかるか (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする