名画とあらすじでわかる! 美女と悪女の世界史 (青春新書インテリジェンス)

制作 : 祝田秀全 
  • 青春出版社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413044318

作品紹介・あらすじ

クレオパトラ、王妃マルゴ、ジャンヌ・ダルク、アン・ブーリン、エリザベート…歴史の渦にのみ込まれた美女、悪女、そして悲劇のヒロイン。いまも名画の中に生き続ける彼女たちの本当の魅力とは!その深層に迫ります。フルカラー128P。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  各女性について、いかに美しく、いかに恐ろしかったかが短くまとまっています。絵画ものっているので、その人物についてイメージしやすく、とても楽しく読めますヨ!
    (一般担当/おー)平成29年2月の特集「ちょっとひといき」

  •  世界史こぼれ話的。

     絵画があると、忠実に姿形を写しているかどうかは措くとして、理解の助けになる。

     もう少し芸術的解説も欲しいが、望み過ぎか。

  • サクッと読めます。内容の半分は肖像画などのカラー絵図なので、ストレス無し。絵画と解説を併せてあることで、その女性をイメージしやすいと思います。そして、なぜそのように描かれたのかという歴史的背景も見えてきます。
    歴史上の女性を広く浅く知るのに適した入門書的な本でしょう。

  • だいたいどの絵も別の本で見た

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

東京都出身。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究員を経て、代々木ゼミナール講師。主な著書に『東大のディープな世界史』(中経出版)、『日本のいまが読み解ける 戦後世界史』(小社刊)がある。

「2018年 『東大生が身につけている教養としての世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする