隠れ増税 なぜあなたの手取りは増えないのか (青春新書インテリジェンス)

著者 : 山田順
  • 青春出版社 (2017年4月4日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 27人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413045117

作品紹介

給与所得者ほど税金を取りやすく、そして実際に取られている人はいません。そのような実感のない人も多くいますが、源泉徴収制度などの巧妙な徴税システムでその実態が庶民にはわからなくなっており、また、所得税や相続税、贈与税などの増税は、閣議決定などで「いつの間にか」決められています。こうして、日本はいつの間にか“重税国家”になってしまったのです。重税国家というと、収入の半分以上を税金で持っていかれるスウェーデン、デンマークなどの北欧諸国を想像しますが、これらの国はいずれも高福祉国家で、国民は納税した分のしっかりした行政サービスを受けています。それに対して、人口減少時代に入った日本では、これからますます福祉が削減されるだけでなく、今後は「支出税」「資産税」「死亡消費税」などの新税が現実のものになるかもしれません。そして最終的には、国は膨大な債務を帳消しにするために大きなインフレを起こし、国民の資産を吹き飛ばしてしまう可能性すらあります。われわれはそのとき、国に対してどのようなスタンスで向き合い、各個人はどのような対策をとれるのか? これから持つべき税についての知識を明快に示していきます。

隠れ増税 なぜあなたの手取りは増えないのか (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本はひどい重税国家だ。このままでは、富裕層や企業は海外に出ていく一方だ。税は少ない方がいい。サラリーマンもささやかな抵抗として節税すべし。と。
    まぁ、わからないではないけれど・・・
    社会福祉をはじめとする行政サービスのあり方とか、複雑な税の仕組みの見直しとか、まだ手はあるような気がする。

  • 税に対して識者の色んな考え方はあるが、国家財政が逼迫し、これへの対応が急務ということはほぼ争いない。日本国に居続けるのが得策かは各人の判断であるが、やはり資産家は海外逃亡するであろう。

  • サラリーマンが負担している税金の解説。一般に節税対策として知られているふるさと納税、会社の設立、確定拠出年金の有用性のなさを解説。有用性のなさの話を読んだのは初めて。

全3件中 1 - 3件を表示

隠れ増税 なぜあなたの手取りは増えないのか (青春新書インテリジェンス)のその他の作品

山田順の作品

隠れ増税 なぜあなたの手取りは増えないのか (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする