視力低下は「脳の疲れ」が原因だった!―アメリカ視力眼科界の最新成果 1日10分、パソコン・ゲーム時代の新・視力回復法 (SEISHUN SUPER BOOKS)

著者 :
  • 青春出版社
3.59
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413064019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見るというのは、目で行うことではなく脳で行うことなのだ…

  • 視力低下の原因は脳だと書かれており、科学的な面から視力低下について具体的に書かれております。

    視力低下を防ぐためには、
    毎日目の運動を続けなさいと
    書かれています。

    が、あまり評価できません。
    あたかも本では1ヶ月で効果が出たとたくさんの人の体験談が書かれていますが、私は3ヶ月やってもあまり効果がありませんでした。
    せいぜい視力維持がいいところです。

    あまりうのみにしない方が良いと思います。

  • 視力と脳の関係、視力の回復メソッドについて

  • 長女の目が悪くなったので、視力の事を勉強するために読んでみました。視力とは単なる目の機能の低下だけではなく、脳の疲れからもくるということが分かりました。星をゆったり見るのがとてもよいようなので、早速今晩から親子で星空をゆっくり見上げようと思います。

  •  私はもう20年もPCの画面を見続けているが、視力は1.5はある。不思議なものだ。が、目が以上に疲れている。肩もこってくるし、目を開けているのがつらくなる時もある。そんななか、本屋で見つけたのがこの本だ。



     ものを見ると言うことは、目の機能だけではなく、脳の働きが重要であって、目の機能よりも脳の働きを活発にすることで、よく見えるようになると言うものである。私の場合、よく見えるようになることが目的ではなく、目の疲れをとくことが目的であったが、目の疲れを取ることについても、いろいろ書かれてあり、その通り1週間ほどやってみると、確かに目の疲れがとれた。が、2週間ほどさぼっていると、またつらい状態に戻ってしまった。

     ここでは、紹介されている3分間基本エクササイズを紹介する
    1.クロージング・オープニング
     目の奥を意識して、ぎゅーっっと目を閉じ
     ぱっと、見開く、これを5〜10回繰り返す

    2.目のツボ刺激
     目の周りにあるツボを、軽く刺激している
     これは、ツボの本などを見てもらうしかない
     または、ここなんかを参照ください

    3.脊椎の修正
     正面を向き、息を吐きながら、3秒ほどかけて左に首をひねっていく
     息を吐ききると、水ながら正面を向く
     右にも同じようにする、これを3セット



     これらを、1日朝昼晩と3回するだけで、目の疲れはかなりとれた。まいにち、PCをにらみながらの仕事を続ける限り、疲れはたまり続けていく・・・

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。
「視力回復」と「能力開発」の中川グループ創立者。
ビジョン・サロン、中川塾、ヨガビジョン代表。
ボルチモア視力眼科アカデミー研究員。
国際姉妹都市協会のアントレプレナー・スカラシップ大賞を受賞。

視力回復の第一人者。脳の分野では世界で唯一、能力開発の中川塾(記憶・集中・想像力開発)を開設する。
ヨガと東洋の実践哲学に基づき、自分を信じて自分を変える〝中川メソッド〟を日本から世界に展開している。
書籍は、「驚異の視力回復法」「驚異の老眼回復法」「右脳刺激で集中力をつける本」「超集中力術」など、日本国内で70冊以上、海外で20冊以上出版される。国内外累計売上300万部を超える。
書籍は国内で10冊以上、アジア圏でも3冊ベストセラーになっている。イタリア・ドイツ・ポルトガル・スペイン・フランス・ロシア・ポーランドで出版される。
その他、テレビ取材・新聞・雑誌・ラジオ取材多数。

「2018年 『目を温めれば脳が若返る!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川和宏の作品

ツイートする