恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)

著者 :
  • 青春出版社
3.19
  • (9)
  • (31)
  • (71)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 401
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413094146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 失恋したときに読みました。
    心の整理がなかなかできなかったので、この本を
    読んでちょっとなぐさめられたように思います。
    すこし前向きな気持ちになれました。

  • 石田衣良が、現代の女性のために語った、恋愛についてのあれやこれやです。

    ハードな現代生活の中で、女性達は非常に恋愛しにくい状況になっています。仕事と恋愛の両立なんて無理!!とか、周りは射程外の男ばっかり、良い出会いなんてどこにあるの?とかとか。そんな悩みにお答えするのが、彼ですよ。
    女性の問題について男性が語ると、嘘くさー、となったりしますが、石田さんが語るとすんなり受け入れられるのが不思議。納得する部分や、共感する部分も多くありました。
    けれど、私はあえて星三つで。何故かというと、ちょっと石田さんの語る恋愛観は綺麗でちょっと理想的すぎるから。そんなに上手くいったら、世話ねえよ!な感じで。

  • 恋愛比重たかすぎて、彼氏に重荷になりたくないときに見つけた。
    自戒のために時々読み返すよ。

  • 読了

  • 恋愛至上主義の私が、敢えて読んでみたかった一冊。

    共感できる部分、納得する部分、理解できない部分。

    いろんなことを感じて、ちょっと心が軽くなって、やっぱり恋することは素敵だなぁと思いました。

  • 新しい出会いが欲しいと焦っていた時に手に取った1冊。
    石田衣良さんの言葉選びは素敵で焦っていた気持ちが落ち着きました。
    恋に悩んだときにまた読みたい本の1つです♪

  • 恋するコトに疲れた時に。

  • 片づけして残ったものが自分を表すショーケースというのは面白い考え。
    人生から面倒をなくしたら、つまらない。
    自然体で生きる。
    自分の心に聞いてみる。

    恋だけでなく、女性への応援本。
    心が軽くなる本。

  • 「仕事も大切、自分ひとりの時間も大切、それ以外の人生の喜びのひとつに恋愛もある」

    「恋は薄いほうがいい」この“薄い”というのは、恋愛自体を薄くしてしまうという意味ではなくて、気持ちに余裕をもつということ。恋愛に向かう気持ちは100%だったとしても、それを相手に表現するにあたって、ある程度の節度や自分らしさを保ちましょう。

    ほほーう。
    なるほどね。
    人生の喜びのうちの、ひとつね。
    そうだよね。

  • エッセイ。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする