その日本語、大人はカチンときます! (青春文庫)

制作 : ビジネス文章力研究所 
  • 青春出版社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413096423

作品紹介・あらすじ

「そこを何とかなりませんか」「こちらの事情も察して下さい」「どうもありがとうございます」「以後気をつけます」…など、残念な言い方で相手をカチンとさせる人がいる。一方で、同じようなことを伝えているのに、なぜか仕事がスムーズに進む人がいる。その違いは、ほんの少しの「言葉選び」。この本では、「お願い」「謝罪」「挨拶」などシチュエーション別にベストな言い方をまとめました。そのまま使えるから、伝え方がすぐに変わります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、さまざまなシチュエーションで使われやすいNG言葉を取り上げ、こんな時は「こういう言葉が相応しいですよ」と紹介している変換集です。

    「はじめに」でも書かれていますが、私自身、言葉についての悩みは何年経っても尽きることがないと思っています。ちゃんとした言葉を知っていたら、言葉選びでメールに時間を取られなくなったり、会話で相手を不愉快にさせてしまうことはなくなるでしょう。

    言葉で迷ったり、恥ずかしい思いをしないために、使えそうなフレーズをパソコンなどに単語登録しておくとよいと思います。

  • 【使ってるな・・・】
    大人ですが、自分自身がカチンとくる日本語を使ってます。

    メールを打つときはこの本で確認しながら書きます。。。

  • せっかく借りたので一通り目は通したけれど、イメージしたものとはかなり違った。
    タイトルと中身にズレを感じることはしばしばあって、これもそう。
    「使ってしまいがちなカチンとされるフレーズ」は、極端なものもあれば、さほど問題のない言葉もあるし、「正しい言い換えフレーズ」には大仰すぎて引くような言葉もちらほら…。
    確かに、覚えておくと有用そうなフレーズもあった。ただ全体として、自分には合わない残念な一冊だった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ビジネス文章力研究所(びじねすぶんしょうりょくけんきゅうじょ)/信頼される敬語、ちょっと大人の言い回し、刺さるひと言、角が立たない伝え方…など、仕事ができる人の「話す」「書く」「聞く」技術を蓄積するために生まれた研究グループ。編集・ライティングのプロ集団、アスラン編集スタジオを中心に設立。メールやビジネス文書などの普及により文章力の重要性が増しているビジネスパーソンのため、「仕事に必要な文章スキル」を分かりやすく体系化。メルマガ配信や講演・セミナー等の活動も行っており、営業マンから現役のライター・編集者まで、幅広い層から「すぐに使える」と大好評。同所長の野村佳代は一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師としても活躍中。主な著書に『その日本語、大人はカチンときます!』(青春出版社)がある。

「2016年 『言葉づかいのトリセツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

その日本語、大人はカチンときます! (青春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする