子供に教える「経済学」

著者 :
  • 青春出版社
3.33
  • (4)
  • (11)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413109475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本書は、「子供に教える」のタイトルどおり、「ものの値段はどうやって決まるの?」などのように子供が発する「素朴な疑問」に答える形で、経済を易しく解説してある。「需要曲線と供給曲線」など、習って分かったつもりでも、子供に分かるように説明するのは難しいことを実感した。
    「世の中においしい商売はない」ということは、「利益率の平準化」で、「苦手を克服するより得意なものに集中する」ということは、「比較優位説」で、それぞれ経済学的に説明できるという説明は、大変腑に落ちた。
     


  • 途中放棄。

  • 小学生高学年~の子どもが学予習するにはちょうどいいレベル。
    大人だと少し物足りない。

  • ・素朴な疑問をわかりやすく
    ・行動する
    ・視点を変えて考える

    比較優位説

  • 簡単な事象についてだけだが、
    子供に教えるにはいい感じ。

  • そのタイトルのとおり、大変わかりやすい内容でした。子供が、マンガでわかる銀行の仕組み、とか、夢をかなえる仕事ライフプランナーとか、読み出して、質問に応えられないと!と思い、読みましたが、なかなかよかったです。
    子供の素朴な疑問に応えつつ、最後は、「自己責任時代になるけど、お前のやり方でがんばれ!頑張って楽しめ!」とエールを送ってる締めくくりが、自分が大事にしている価値観にマッチし、大変共感しました。
    我がパパ友に、是非読んでほしい本でした。

  • 中学時代に出会っていれば、もう少し現代社会が好きになっていたと思います…orz

  • 正月やGWの旅行がなぜ高い?等素朴な疑問から出発し対話形式で経済の基本を説く。分かりやすさを突き詰めているのが伝わってくるが(分かりやすさ故か)私は内容があまり印象に残らないんだな。

  • おもしろかった。
    物事の本質はシンプルだ。

  • 需要曲線、税金や年金など、子供に分かるように説明してあります。最後はこれからの日本でどのように職業を選択していけばいいのか。という話題。

    わが家ではまだ先の話ですが、私自身は大学受験より就職の方が辛かったので、子供には早い時期から少しずつ将来のことを考えられるようにしてあげたいと思いました。(そのためには親も社会全体をよく知ってないといけないですよね。ぼんやりしてはいられません!)

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

こぐれ・たいち――作家。一般社団法人 教育コミュニケーション協会代表理事。1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。ビジネス書作家として著した書籍の発行部数は累計167万部に上る。大学の経済学部在学中に『資本論』をわかりやすく解説した本を執筆しロングセラーに。約9年間の会社員生活を経て、現代日本人の「幸せな働き方」を目指し、リアルな現場と経済学の両面から分析・提言する。フジテレビ「とくダネ!」、チバテレビ「りえ&たいちのカイシャを伝えるテレビ」、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書には、『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』(ダイヤモンド社)、『カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話』(サンマーク文庫) 、『超入門 資本論 』(日経ビジネス人文庫)など多数。

「2018年 『人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木暮太一の作品

子供に教える「経済学」を本棚に登録しているひと

ツイートする