知るほどに深くなる漢字のツボ

著者 :
  • 青春出版社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413112130

作品紹介・あらすじ

"本書は、漢字にまつわる身近で気になる疑問を解くことで、そのキホン的な仕組みが浮かび上がる”しかけ”になっています。「おくる」を漢字で書くとき、「送る」と「贈る」をどう使い分ける? 辞書の漢字の画数が、自分で調べたのと合わないことがあるのはなぜ? 「意見を異にする」では「こと」なのに、「異を唱える」では、なぜ「い」と読む? 「進捗」の「捗」の右側は、なぜ「歩」じゃないの? ほか、漢字に向き合うすべての日本人におくる本。"

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漢字に関する根本的な知識=おさえておきたい70の“ツボ”を解説

     だれが書き順を決めた?
     漢字はいくつある?
     「武蔵」はなぜ「むさし」と読める?
     「比」は四画? 五画?
     新聞の題字の「新」をよく見ると?

    漢字のおもしろさにひたりながら漢字のしくみが理解できる本

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

円満字 二郎(えんまんじ・じろう)
1967年、兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で国語教科書や漢和辞典などの担当編集者として働く。2008年、退職してフリーに。著書に、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』(以上、研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『漢字の植物苑 花の名前をたずねてみれば』(岩波書店)などがある。

「2020年 『文庫 雨かんむり漢字読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

円満字二郎の作品

ツイートする
×