老けない人の免疫力 (青春新書プレイブックス)

著者 :
  • 青春出版社
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413210126

作品紹介・あらすじ

38億年、進化し続けてきた私たちの体は、決して間違えない。体を守るために正しい反応をする。健康診断の数字に一喜一憂するよりも、本能を信じて体の声を聞いて対応するのが、老けない人になる生き方である。「血圧を下げたければ血圧を測るな」「若さを保つ食べ方」をはじめ、老けないための睡眠、入浴、クスリ、働き方、心の持ち方などを、世界的免疫学者がナビゲートする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年6月10日。
    副交感神経の働きを活発にする。体温を上げる。これらにより免疫力を上げる。薬には頼らない。

  • 安保徹(あぼとおる)さんの言葉には説得力を感じます。①人間の身体は自然の摂理にのっとって生活していれば、少々のことで音を上げるものではない。もともと人間は自分の健康を自分の力で守ってきた。②すべての病気は重力が係っている(重力からの身体の解放を)疲れたら休む・眠くなったら眠る。③「正常値」は一人一人違う。血圧は160くらいなければ気迫なんて生まれてこない。血圧が上がってるときは必要があるから(身体が求めているから)上がってる。④人間ドックで現役パリパリの人の9割に異常、笑い話以外何物でもない。

  • 好きなことばっかり言ってる年配の方の本という印象
    ただ、最後の、世の中は不条理に満ちているというくだりは、今の気分にぴったりで良かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

医学博士。新潟大学医学部教授。東北大学医学部卒業。米国アラバマ大学留学中の1980年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製し、7番目の白血球の抗体の意で「Leu‐7」と名づける。1990年、胸腺外分化T細胞の発見により注目され、それ以来「古いリンパ球」を研究テーマとしている。

「年 『ナチュラルに高める免疫力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

老けない人の免疫力 (青春新書プレイブックス)のその他の作品

安保徹の作品

ツイートする