やってはいけない眠り方 (青春新書プレイブックス)

著者 :
  • 青春出版社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413210898

作品紹介・あらすじ

「8時間が理想」「成長ホルモンのために22時には寝たい」「体内時計は25時間で1日」「睡眠不足は休日の寝だめでリセット」「眠れなくても横になれば疲れがとれる」「寝つけなければヒツジを数える」…なんと、どれも間違いだと医学的に分かってきました。最適な長さや、朝型・夜型にも個人差・年齢差が大きいのが睡眠。自分に合ったスタイルと、よりよく眠れるポイントを、テレビでも人気の第一人者がわかりやすく一冊に。睡眠障害や不眠の人だけでなく、眠りの質を上げて仕事や生活のパフォーマンスを上げたい人も必読の決定版です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 睡眠研究のスペシャリストが、一般向きに、現在の睡眠の考え方ついて解説した本です。Q&A方式で書かれており、読みやすいです。「眠れなければ、横になっているだけで体も休まるので、横になって眠気が来るまで待つ」が常識であったのが、「ふとんで悶々としていることが不眠を悪化させるので、眠れないなら思い切って布団から出る」と指導されるようになったなど、新しい知見で、どんどん変わっているというのが印象的でした。簡単な方法ですべて解決のような怪しい内容もなく、信頼性が高いように感じました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、秋田県生まれ。
秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座教授。
医学博士。1987年、秋田大学医学部医学科を卒業後、同大精神科学講座講師、同助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。
日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事、日本生物学的精神医学会評議員。これまでに睡眠薬の臨床試験ガイドライン、同適正使用と休薬ガイドライン、睡眠障害の病態研究などに関する厚生労働省研究班の主任研究者を歴任。
著書に『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『朝型勤務がダメな理由』(日経ナショナルジオグラフィック社)などがある。

「2018年 『かつてないほど頭が冴える! 睡眠と覚醒 最強の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やってはいけない眠り方 (青春新書プレイブックス)のその他の作品

やってはいけない眠り方 Kindle版 やってはいけない眠り方 三島和夫

三島和夫の作品

ツイートする