中学受験は親が9割 最新版

著者 :
  • 青春出版社
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413230896

作品紹介・あらすじ

「中学受験は親の受験」といわれます。子どもの頭のよしあしだけでなく、親がどれだけサポートし、親子一丸となって準備したかが合否を分けるからです。でも、いまの中学受験はわからないことだらけ。「親世代の常識」は、ほとんど通用しないと考えてください。「今は勉強が大変でも、志望校に入ってしまえばあとが楽なはず」「小学4年生になったら、レベルの高い大手塾に入れればいいんでしょ」「塾で出された宿題は、合格のために全部やらせなきゃ」これらはすべて、親の誤解に基づくやってはいけない考え方なのです。これまで灘、開成、桜蔭などの難関中学に2500人以上を合格させてきた塾ソムリエ、カリスマ家庭教師の著者が、志望中学に合格するという目標にどう立ち向かい成就させるか、まだ情報がゼロの人にもわかるよう解説していきます。改訂最新版では、最新の中学入試の傾向をふまえ、どのような対策が必要かということを追加情報として加えています。ぶれず、迷わず中学受験に取り組むためのバイブル的な一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この方の著書は何冊か読みましたが今までで1番辛口かも!でもそれ程に中学受験が厳しいものだということ。親であり大人である自分が頑張ったからどうにかなるものではない。親はあくまでサポート役。いかに楽しく勉強をさせてあげるられるのか。小学生に遊びたい気持ちと時間を削らせても受験をさせることの意味、しっかりと考えたいと思う。私も中学受験をしたけれどやっぱり…色々と思うところがありますね。

  • 経験からいっても中学受験に関しては親は確かにマネージャー兼コーチだと思います。メンタル面でも親の役割は大きいと思います。
    さらっと、実践できそうなところは適当にやってみるくらいのズボラさで読むといいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

塾講師・家庭教師として関東・関西で受験指導歴35年以上。フジテレビ「ノンストップ!」「バイキング」などのテレビや雑誌、新聞にも数多く登場。著書に『中学受験の常識 ウソ?ホント?』、『自分から勉強する子の育て方』、『勉強ができる子になる「1日10分」家庭の習慣』、「つまずきをなくす算数 計算」シリーズ全7冊、「つまずきをなくす算数 図形」シリーズ全3冊(以上、実務教育出版)など。

「2019年 『中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・表とグラフ問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中学受験は親が9割 最新版のその他の作品

西村則康の作品

ツイートする