影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

制作 : 社会行動研究会 
  • 誠信書房
3.86
  • (110)
  • (46)
  • (136)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 677
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414302691

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【MM239 mylibrary マイライブラリ・アウォード!2008 2009/1/21】

    【第3位】『影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか』(ロバート・B・チャルディーニ著、社会行動研究会訳、誠信書房、1991年)
         http://tinyurl.com/6aksgf

     (コメント)社会心理学の参考書として15年以上にわたり根強い人気を誇る1冊。タイトルのとおり、人間はどのような言動に左右されるのか、豊富な実験データを基に検証されており、全く色褪せることはない内容です。振り込め詐欺が横行するこのご時勢にあって、対処法を学ぶという意味でも参考になるかもしれません。口コミの影響力を扱った『なぜあの商品は急に売れ出したのか』や集合知の有効性を扱った『「みんなの意見」は案外正しい』もおもしろいです。


      参考:『なぜあの商品は急に売れ出したのか』http://tinyurl.com/5k37bh
         『「みんなの意見」は案外正しい』http://tinyurl.com/926xhu

  • 欲しくもない商品を買ってしまった。

    本書は、他者から「イエス」を引き出すプロのテクニックを
    紹介しながら、承諾についての人間心理のメカニズムを
    読み解いていく。


    営業&セールマンは必読です。

    読む人とそうでない人で営業成績は必ず変わってきますね。

  • ある判断を下すときすべての情報を時間かけて洗練するのはしんどい。
    知らない間にカチッサー反応は起こっている。
    返報性、一貫性、社会的証明、好意、権威、希少性を自動的に利用していることがある。
    それぞれの章で具体例を用いて説明しそれぞれの防衛法について説明してあった。まとめから読んでもわかるのがよいところ。
    防衛法は気を付ける程度のものが多医のが残念。日常生活で会話を客観的に見たとき別角度から見ることができるのは非常に面白い。

    • ashitakaranigunさん
      ある判断を下すときすべての情報を時間かけて洗練するのはしんどい。
      知らない間にカチッサー反応は起こっている。
      返報性、一貫性、社会的証明...
      ある判断を下すときすべての情報を時間かけて洗練するのはしんどい。
      知らない間にカチッサー反応は起こっている。
      返報性、一貫性、社会的証明、好意、権威、希少性を自動的に利用していることがある。
      それぞれの章で具体例を用いて説明しそれぞれの防衛法について説明してあった。まとめから読んでもわかるのがよいところ。
      防衛法は気を付ける程度のものが多医のが残念。日常生活で会話を客観的に見たとき別角度から見ることができるのは非常に面白い。
      2011/10/06
  • 好意の返報性など、普段気づきそうで気づかないことがたくさん書いてあった。

  • どうしたら、相手にイエスと言わせることができらか。社会心理学という切り口から読めばなるほどと思える法則が詰まってます。ビジネスでの商談、交渉や恋愛、家庭など様々な場面で使えます。

  • 返報性、一貫性、社会的証明、好意、権威、希少性

    人はなぜ承諾してしまうのか、に迫る本。
    実用書としても役立つし、読み物としても非常に面白い。

    ただし、この本のせいで騙し商法のレベルは確実に上がっているものと思われる。
    「私は騙されない」と特に根拠もなくお考えのアナタ、危険です。
    営業マンに対して丸裸の可能性があります。
    ぜひこの本を読んで敵を知ってください。

    表題の通り、まさに武器として用いることも可能です。
    あまり歓迎しませんが。

    そうそう。
    この本を読んで、「人間って自分で想像している以上に『考えること』を避けたがる」ということを感じた。

    レビュー日
    2005年03月08日 23:27

  • ここにレビューを記入してください

  • 人間の行動にはある種のパターンがある。

  • どういうときに行動してしまうのか研究した本。

    振り込み詐欺の手口も紹介されているほど
    詐欺師に渡ったら怖い、恐ろしい本だ。


    カチッ・サー(固定的行動パターン)

    コントラストの原理(ボロ・小物・オプション販売)

    引き金特徴(高いもの=良いもの)


    返報性⇒恩義を感じる⇒不公平な交換

    譲り合い⇒拒否の後には譲歩する⇒大きな要求の後の小さな要求


    コミットメントと一貫性⇒胃と心の奥底でチェック

    ローボールテクニック
    小さな要請から始めて関連する大きな要請を最終的に承諾させる


    社会的証明(サクラ)

    群集からひとりの人間を分離する

    自動的な行動に気をつける

    好意を感じる⇒イエスという傾向がある

    類似性、お世辞、接触と協同⇒味方になる

    パブロフの犬⇒条件づけと連合

    権威⇒シンボル・肩書き・装飾品

    盲目的な服従の魅力と危険性⇒医師の判断

    ウラのある誠実さ

    希少性、数量限定効果、少ないものがベスト、
    時間の制限、心理的反発

  • すごい本です。これは読まないといけません。
    10年くらい前に買った本で、当時はよく意味が分かりませんでした。

    今はもっと読みやすい新刊が出ています。

全85件中 21 - 30件を表示

ロバート・B・チャルディーニの作品

ツイートする