影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

制作 : 社会行動研究会 
  • 誠信書房
3.86
  • (110)
  • (46)
  • (136)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 676
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414302691

作品紹介・あらすじ

著者は、セールスマン、募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロの世界に潜入。彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明。情報の氾濫する現代生活で、だまされない賢い消費者になると共に、プロの手口から人を説得するやり方を学ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネス

  • 人が影響される原因とその対策をまとめてくれている本。影響を受ける実例は、自分に起こったら恐ろしいと思うことばかりである。自動的にスイッチが入る、カチッ・サーは自分にどんなものがあるかや、返報性の特徴、一貫性が崩れることを嫌がる心理など、気にしなければならないことが多いことに驚いた。

  • 2010年11月12日、社会学をAmazonで検索したら上位2番目に表示された。

  • 【要約】
    ・返報、一貫性、社会的承認、好意、権威、希少性

    【ノート】
    ・2版があまりにも待つので、とりあえず

    ・ミルグラムの話はピーターガブリエルの歌の通り。

    ・この著者の視点で今の時代、SNSなどを捉えたらどういう知見を示してくれるのだろう。

  • 俺俺詐欺にひっかかるメカニズムが良く分かる。この手の罠に対する抵抗力に自信のない人にはお勧め。また、罠を作りたい人にも読むべき一冊。

  • 人の行動を心理学の観点で、検証、実例とともに
    分かりやすく解説されています。
    動物の本能による行動に近いもので
    人にも自動的に起こす(起こしてしまう)行動があるようです。
    以下6つの法則です。

    ・返報性 
    他社からなにか与えられたら自分も同様に与えようとすること

    ・コミットメントの一貫性
    人は自分の言動や対応に一貫性を持たせたいと考える
    一度出した結論をその後状況で例え不利になっても自分の選択を変えたくない
    例)承諾のはずみ・・・小さな要請を承諾することで大きな要請に最終的に合意させる
                  セールステクニック等

    ・社会的証明
    他者の振る舞いを参考にし、自分の振る舞いを決定する(特に自分に類似した他者)

    ・好意
    外見の魅力により誠実で知的でいい人だと自動的に判断する傾向がある
    例)経験豊富な司法専門家でも可愛い女性犯罪者に騙されることもある
    また自分に良く似た人に好意を持つ類似性もある

    ・権威
    権威者からの命令に対して自分の意に反して服従しようとする。
    また権威のただのシンボル(肩書、服装、装飾品)にも自動的に反応する

    ・希少性
    人は機会を失いかけるとその機会をより価値あるものと見なす
    (例)数量限定セールなど

    世の中の様々な商売にもこのような法則が使われる場面を多々あります。
    この行動心理の影響力を武器として使うか
    または逆に相手に使われるかこの本で得た知識を
    頭に入れておくのは重要だと思いました。

  • 色んな疑問が氷解してスッキリしたが、自分がカモにされていたことにも気づいてうわあああとなった。

  • 人間の心の中の自動スイッチ、デフォルト動作について実験例を交えて教えてくれている。紙に目標を書くと叶うとよく聞いていたが、なぜそうなのかが、やっとわかった。

  • 心理学的な側面から影響力を考察している1冊。もう1度読んでみたい。

  • コミットメントにより、立場を明確にしてきいますと、その立場と強固に一貫して行動しようとする傾向が自然と生じるのです。

全85件中 1 - 10件を表示

ロバート・B・チャルディーニの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
トーマス・フリー...
ジェフリー・ムー...
ジェームズ アレ...
J・モーティマー...
デール カーネギ...
デール カーネギ...
ジェームス W....
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのかを本棚に登録しているひと

ツイートする