心理治療と転移―発話者としての“私”の生成の場

著者 :
  • 誠信書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414401981

作品紹介・あらすじ

子どもから成人に至るすべての年代を包含した心理治療論。心理治療において、何が起こり、何がなされうるのか。人間のもっとも原初的な次元の問題を提示している早期幼児自閉症をはじめ青年期の重症の神経症を含むさまざまな事例の心理治療を基盤として、著者は、心を病む人の痛みの深さを明らかにするとともに、「死の欲動」さえもが現れ出てくるクライエントとセラピストの転移関係において、「発話者としての"私"」の生成が生じることの意義について論じる。

著者プロフィール

京都大学名誉教授

「2017年 『遊戯療法 様々な領域の事例から学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤良子の作品

心理治療と転移―発話者としての“私”の生成の場を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×