怒りや憎しみにとらわれた子どものために (子どもの心理臨床)

制作 : ニッキー アームストロング  Margot Sunderland  Nicky Armstrong  関口 進一郎  安本 智子 
  • 誠信書房 (2011年9月1日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414413571

怒りや憎しみにとらわれた子どものために (子どもの心理臨床)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもの心理を学ぶための本。怒りを爆発させている子ども(大人もいる)は自分を落ち着かせる脳の神経経路や脳内物質が完成されていないそうだ。私たちは、怒りを爆発させることで、自分の身を守っているようなものらしい。怒りを除去するにはどういったことがいいのか、考えたけれどすぐに答えは見つからなかった。もやもや。前頭葉(大脳皮質)を発達させることが自分を落ち着かせるという。だが、難しい学問をしたからといってそれらはうまく作動しないだろう。感情がかかわっているから

  • 閲覧室  146.8||サン||7-1

全2件中 1 - 2件を表示

マーゴット・サンダーランドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

怒りや憎しみにとらわれた子どものために (子どもの心理臨床)はこんな本です

怒りや憎しみにとらわれた子どものために (子どもの心理臨床)を本棚に登録しているひと

ツイートする