アイ・ボディ―脳と体にはたらく目の使い方

制作 : Peter Grunwald  片桐 ユズル 
  • 誠信書房 (2008年10月1日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414414325

作品紹介

アレクサンダー・テクニークで目覚めさせられた筋感覚的気づきを、さらに目と視覚システムに及ぼすことで、メガネなしでの視覚改善はもちろんのこと、脳や体の協調作用にもはたらきかけることが可能になりました。

アイ・ボディ―脳と体にはたらく目の使い方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アレクサンダー・テクニークの教師が書いた目と身体のつながりの本。かなり面白いです。身体の可能性というものは無限大ですね。読んでいてワクワクしました。

  • 眼と脳と身体の不思議な関係は、目からうろこが落ちるような感じがありました。もっと人間が原始的だったころには、もっと上手に身体を使っていたということかもしれません。
    考え方については、いろいろと細かく書かれていますが、実践についてはごく簡単なものしか具体的にはかかれていません。ワークショップにいかないと、その実態はつかめないというこのでしょうか。

    モノを見るということについて、もう一度考えさせられる本でした。

  • アレキサンダーテクニークの方法論を目の使い方に特化した内容の本。アレキサンダーテクニークを少しでもやったことのある人には分かりやすい内容だが、おそらくやったことのない人には、どうとらえたらよいかを悩んでしまう本。

    内容的には納得できる点が多く、実際にやってみても面白いかと思う。

  • 面白い観点からのアプローチ。
    色彩診断よりは馴染みやすい。
    ただ、この本だけでは実践すら難しそう。。。
    ワークショップ行こうかどうか、、、

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする