ケアをすることの意味: 病む人とともに在ることの心理学と医療人類学

制作 : Arthur Kleinman 
  • 誠信書房
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414428667

作品紹介・あらすじ

現代においても、ケアはそれがどこでなされるにしろ人間の体験におけるひとつの基礎となる道徳的・人間的な意味のある実践であることは確かである。それは人間であるということの価値に深く関わっており、経済性や合理性によってその価値が乱暴に貶められることにあらがうものである。本書では、ケアをすることに関する深刻な議論を喚起し、医学・看護・心理学教育と実践・研究におけるケアの位置づけの再考を促す。その一方で、患者や家族やコミュティーにおいてケアをすることの意義を訴える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2階書架 : W 061/KLE : 3410162723

  • 本書は2014年のクラインマンの講演を軸にして、糖尿病医療学から接近された皆藤章氏のクラインマンへの論考、「病の語り」を訳し本邦でのクラインマンの専門家である江口重幸氏の論考により、クラインマンがどのような仕事をしてきたかを知るには良い本だと思う。グローバル化し、効率化や経済的な観点が重視される現代医療では、医師の中からケアの視点が抜け落ちてきており、現代医療は疾患を治すことができるようになったが、病いを癒やすことができなくなっている状況を認識し、ケアを再興することの重要性を述べている。クラインマンの著作をさらに読み進めていきたい。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 498@K116@1
    Book ID : 80100019218

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002489129&CON_LNG=JPN&

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

皆藤 章(かいとう・あきら)
京都大学大学院教育学研究科教授。博士(文学)。臨床心理士。著書『風景構成法―その基礎と実践』『生きる心理療法と教育―臨床教育学の視座から』『風景構成法のときと語り』(いずれも誠信書房)、『風景構成法の事例と展開―心理臨床の体験知』(共編著、誠信書房)、『講座心理療法8 心理療法と現代社会』(共著、岩波書店)、『臨床心理学全書7 臨床心理査定技法2』(編著、誠信書房)、『ケアをすることの意味―病む人とともに在ることの心理学と医療人類学』(編著・完訳、誠信書房)。訳書『子どもの夢1』『同2』(共訳、人文書院)、『八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ』(監訳、誠信書房)他多数。

「2018年 『いのちを巡る臨床』 で使われていた紹介文から引用しています。」

皆藤章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする