嗜癖する人間関係―親密になるのが怖い

制作 : Anne Wilson Schaef  高畠 克子 
  • 誠信書房
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414429145

作品紹介・あらすじ

親密になることとは、むさぼりつくす人間関係でも、吸い尽くされる人間関係でもありません。自分の感情や欲求に正直になるには、どうしたらよいでしょうか?本書は、偽りの人間関係を演じることからの回復をめざす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 性的嗜癖、ロマンス嗜癖、人間関係嗜癖という3種類の
    人間関係における嗜癖について論じられた本だった。
    訳があまりよくなかったし、3種類の違いがイマイチよく分からなかったけれど
    著者によるとこれらは別のもので、進行していく病としてとらえることが大切だという。
    嗜癖者は嗜癖を使って自分の内部の情報システムを断ち切っているから
    自分が何を感じ、考えているのか、何者なのかということが分からない。
    特に人間関係嗜癖で、特定の人物に依存するタイプの人は
    しばしばこれを維持するために健忘を起こすという。
    また、人と親密になりたい欲求はあるが、自己評価の低さのために
    本当の自分を知られると見捨てられると思い込んでいる。
    そこで、健全な人間関係ではなく、気分を変える体験や刺激を彼らは求め
    仮面や投影、あるいは幻想を介した人間関係を結ぼうとする。
    それぞれの嗜癖は隠蔽、正当化、合理化、無効化のために使われる。
    近年では「共依存」という概念がよく使われているが、これも依存を相手のせいにせず
    自分の嗜癖のためだと思うことが大切だと著者は述べる。
    訳がもう少し分かりやすければなぁという本だった。余裕があればまた再読したい。

全1件中 1 - 1件を表示

アン・ウィルソンシェフの作品

ツイートする