はじめてのチェス

著者 :
  • 成美堂出版
3.46
  • (1)
  • (12)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415025490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本チェス協会会長代行の著者による入門書。駒の動かし方、序盤・中盤・終盤の指し方、棋譜の鑑賞、チェックメイトの問題などがコンパクトにまとめられている。自分がこの本を読んだのはある程度チェスの勉強をした後だったのでそれほど目新しい記述はなかったが、わかりやすくて良いと思う。入門者がチェスの概要をつかむには◎。

  • やっぱり難しかった

  • 大きめのカラー図を多用して基本的なことが見やすく書かれている。さらなるステップアップのためには問題集を別に買う必要はあるが、子供と一緒に勉強するにはちょうどよい本だった。

  • チェスの入門書。

  • 難しいものだと感じていたチェスも、この本のおかげで一通り駒の動き方を覚えた。

  • これのおかげで、素人にはあまり負けなくなった.
    とはいえ、コマの動かし方や基本的な考え方しか書かれていないので
    次は、棋譜を読んで定石を覚えて強くなる昼用がある.

  • チェスに興味をもったものの、駒の動かし方も分からない
    ルールもなにも分からない、といった方にお勧めの一冊
    文字も多すぎることがなく、大きい図解で理解するのも楽でした。

  • 駒の動かし方から有効な陣形まで書かれていて、とてもよかったです。カラーでとても見やすく、文字も大きめで読みやすかったです。チェス初心者にはおススメの本だと思いました。

  • 『猫を抱いて象と泳ぐ』『モーフィー時計の午前零時』対策で、本棚から引っぱり出してきた本です(笑)。数年前、『チェスができるようになりたい!』と思い立ち、購入した1冊。チェスを選んだのは「取られた駒が生き返ってこないからシンプルなのでは?」だけのバカな理由で(笑)。駒の並べ方から動き、練習問題がオールカラーのイラストで網羅されており、とてもわかりやすい本です。ごくごく初歩の戦術と、5手までの詰めチェス問題も掲載されており、ひとりでも十分楽しめます。もちろん、うまくなるには対局が必要ですけど。Amazonで購入したので気付かなかったのですが、チェスの指南本は、書店ではなかなかいいものを見つけられません。囲碁・将棋の本ならチェス本の10倍以上並んでいるのに…この現状を見てショックを受けたので、ちょっとムリしてでも囲碁・将棋にしとけばよかったと思っています。◇お仕事の資料本・お勉強本は「たなぞう」にはアップしないようにしていますが、まぁ、これは遊びですし、いいかなと。

  • 050522

全11件中 1 - 10件を表示

渡井美代子の作品

はじめてのチェスを本棚に登録しているひと

ツイートする