男のファッション基本講座

制作 : 成美堂出版編集部 
  • 成美堂出版 (2007年2月5日発売)
3.20
  • (3)
  • (6)
  • (16)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :143
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415300436

男のファッション基本講座の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆これ一冊で服装選びは困らないかなというぐらい手広いです。ビジネス、冠婚葬祭、カジュアルのための着こなし方について紹介しています。

    ◆着こなし方だけではなく、シャツの柄の種類とか、素材、各部の名称などといった基本的な知識を提供してくれているのもありがたいところです。ファッションの本をちらと読んでみると、「当たり前だろ?」といった感じで何の説明もなく用語(基本的に横文字)が使われていることがよくありますが、この本はぼくのような全く知識のない人でも読めます(ぼくにどれぐらい知識がないかというと、この本を読むまでタータンチェックという言葉を知らなかった)。

    ◆ビジネスについては、業種や体格ごとの着こなし方、全体的にアンケートによる意見が載せられているのも参考になりそうです。ケチなぼくには珍しく、「この本買おうかな」と思った一冊です。

  • 平日のスーツと休日の平服、
    両方の着こなし方が書かれています。

    春夏秋冬とイメージの着こなしや、
    合う色の着こなし、
    女性が好むファッションについての
    アンケートもあって、
    非常にわかりやすかったです。

    スーツの保存方法や、
    靴磨きのやり方、
    アイロンの掛け方、
    洗濯とクリーニングの仕方も参考になりましました。

    もっとオシャレな男性になれるように、着こなし方を覚えて行こうと思います。
    この本は買って何回も読む価値のある本です。

  • ホントの「基本」ですね。私服はだいたいセルフイメージがあるのだが,スーツ&ネクタイは未だによく分からないので読んでみたが,要はサイズ感ってことで当たり前の結論しかない。ちなみに僕はシャツは必ず白ですが,織り柄で遊んでます。スーツは高くてあまり買えないから経験値が積み重ならないんだろうな。。。

  • スーツ周りの話が多いかな、
    私服の話も少しあるけど。

    どちらかというと、不快感を与えない程度の内容になっている気がする。

    でもスーツに関してはやっといて損がないことは一通り網羅されてる様に思う。

  • スーツ篇を読み飛ばし読了。柄や素材について文字だけなので分かりにくいところがあったのは残念。手入れの仕方までしっかり書かれているのは嬉しいです。

    2012年1月6日読了2冊目

  • 普段スーツを着ないので、いざというとき、どういったアイテムを買えばよいのかわかりません。そういった人に役立ちます。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
デール カーネギ...
松下 幸之助
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

男のファッション基本講座はこんな本です

男のファッション基本講座を本棚に登録しているひと

ツイートする