日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

制作 : 成美堂出版編集部 
  • 成美堂出版 (2007年8月発売)
3.48
  • (21)
  • (22)
  • (77)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :338
  • レビュー :27
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415302645

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書棚に見当たらず、どなたかお持ちですか?

  • 20151209
    ロゴ集

  • 趣味と勉強を兼ねて。
    漠然と目にしてはいたけれど、実は知らなかったロゴに込められた意味、沢山知れて面白かったです。
    良いデザインは本当に美しいな…長く残るのも納得です。
    プロのいい仕事を見させていただきました。

  • 参考になります

  • 日本の企業ロゴのシリーズ第一弾。個人的にカルピスのパッケージ含めたプロダクトの歴史がロマンチックで素敵だと思った。

  • 会社でロゴ製作の仕事があったときに参考にした本。「あ、そういう意味があったんや」と感心しっぱなしでした。

    ロゴの細部にもちゃんとした意味がある、そう教えられました。

  • 思考の幅の広さに驚いた。自分もこんくらい頭柔らかくなんなきゃな。

  • 日本の企業のロゴの成り立ちや時系列をわかりやすく記載しています。デザイン関連の仕事をしている方にはもちろんですが他の方にも面白いと思いますよ。コンパのネタにもなると思います(笑)。たぶんみなさんが思っているよりも深くまで考えて作られていて勉強になりました。

  • タイトル通り。

  • いろんな会社のロゴの成り立ちやコンセプトがわかっておもしろい。

全27件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
村上 春樹
白石 昌則
湊 かなえ
東野 圭吾
デール カーネギ...
東野 圭吾
万城目 学
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷はこんな本です

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷を本棚に登録しているひと

ツイートする