日本のロゴ 2

制作 : 成美堂出版編集部 
  • 成美堂出版
3.35
  • (7)
  • (8)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 136
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415303949

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書棚に見当たらず、どなたかお持ちですか?

  • 会社でロゴ製作の仕事があったときに参考にした本。「あ、そういう意味があったんや」と感心しっぱなしでした。

    ロゴの細部にもちゃんとした意味がある、そう教えられました。

  • 楽しく読めました。
    個人的には『はとバス』がなるほど!

  • ロゴデザインの由来と変遷を紹介する1冊。

    ロゴにはただのおしゃれな名称表記ではなく、
    企業の理念やらブランドの方向性、社会との関わりを詰め込むことが必要。
    それを文字化図式化して極限までそぎ落として、覚えてもらいやすいデザインに仕上げる。
    媒体に使うときのカラーリングのパターンやサイズも考えなければならない。

    ロゴは奥が深い。

  • タイトル通りロゴの本。
    ロゴ好きの方はどうぞ。

  • 永井一正って人が凄いや〜ロゴマークを業種やジャンル毎にカテゴリー分けして紹介。デザイン変遷の紹介では,ビスコ・ポッカコーヒー・ガーナチョコレート・チョコモナカジャンボ・サントリーオールド・チキンラーメン。リーバイス501?・ベンツ?。永井一正の手がけた札幌冬季オリンピック・放送大学・アサヒビール・JA・東京電力。佐野研二郎はLISMO・TBS〜アサヒビールやTEPCOは秀逸だよね・・・永井さんは1929年生まれ。対する佐野君は1972年生まれ。どちらの感性が合うかというと永井さんだなあ。日本のロゴと云っておきながら,ベンツやアルファロメオ,Ω,大リーグ・・・と外国の物が混じるが,最初に断っていました・・・日本でよく見掛ける物を取り上げましたって! ふーん

  • 2008/6
    ストレートなタイトル通り、前作に続いて日本の企業や学校、自治体のロゴマークとデザインを紹介している。隠された意味やいかにアイキャッチとなるように練られているのか、眺めているだけで楽しい一冊。

全9件中 1 - 9件を表示

日本のロゴ 2を本棚に登録しているひと

ツイートする