新版・小説を書きたい人の本

著者 :
制作 : 校條 剛 
  • 成美堂出版
3.76
  • (2)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784415316536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF
    小説

  • 読了

  • 趣味で小説を書いているので読んでみた(そのうち『小説家になろう』あたりで投稿しようと思ってるが、まだ投稿してない)。ただ、いまだに純文学の意味がよく分かっていなかい自分……。
    見ていると、今書いてる小説は大幅に推敲して修正する必要があるんだろうと思った。
    書く時間帯は朝がいいらしい。そうなのか? 朝は寝ぼけてて書けない気がしてならないのだけど。でも確かに、中学や高校の時の試験当日は早起きしてたような(それが効果あったかは分からない)
    スピード感のある文章は短くなるというのはよく分からなかったけど、例を見て納得した。自分はダラダラと長く書いちゃうタイプかもしれない……。

  • 901.3-ホン  300372091

  • 【図書館本】推敲辺りを目当てにしてたけど、全体的に(例文も含めて)面白くなかったのでさっくり読了。
    興味をもって読んだのは巻頭のインタビューくらいかな。
    プロを目指してる訳じゃないので“ふーん”で終わった。無駄な時間だった。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1963年大阪府生まれ。2006年に「消えずの行灯」で第28回小説推理新人賞を受賞してデビュー。

誉田龍一の作品

新版・小説を書きたい人の本を本棚に登録しているひと

ツイートする