お絵かき辞典: 描きたい絵がスイスイ描ける

  • 誠文堂新光社
4.42
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 164
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113325

作品紹介・あらすじ

「スラスラとかわいい絵が描きたい」<br>「子供に絵を描いてと言われたけれど、うまく描けない」<br>「手帳にちょっとした絵を描きたいけど、どう描けばいいか分からない」<br>など、“思うように絵が描けない”時ありませんか?<br>そんな時にぜひ見ていただきたいのが本書。<br>生き物・人・植物・食べ物・家・乗り物・建物・行事・世界の名所など、たくさんの絵の描き方を、書き順を追いながら紹介。<br>「○○が描きたいけれど、どんな形だったっけ?」の疑問をすぐに解決する“絵の描き方の辞典”です。<br>ゆるい線ながら特徴をとらえた、味のある絵が人気のイラストレーター・ミヤタチカさんによる描き下ろしの絵がところ狭しと並びます。<br><br>カテゴリごとにあいうえお順の辞書形式で掲載しているので、調べやすさも使いやすさも抜群。<br>また、絵が描きあがるまでの工程をすべて載せているので、その順序に沿って描き進めれば、<br>子どもから大人まで誰でもあっという間にオシャレでかわいい絵が描けてしまいます。<br>すべての漢字に振り仮名がふってあるので、小さなお子さんとも一緒にお絵かきタイムを楽しめ、<br>時には絵本のように一緒に読むこともできます。絵の名前に英語の記載がされていることもポイントです。<br><br>画材は見本と同じではなくても、手元にある道具でもOKです。まずは見本を見ながら真似て描いてみてください。<br>うまく描こうとしなくても、特徴をとらえていればシンプルな線だけでしっかりそれとわかる絵を描くことができるはず。<br>描いても楽しい、見ているだけでも楽しい、絵をかくことがどんどん楽しく好きになる1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/737313

    絵をカテゴリごとにあいうえお順の辞書形式で掲載。
    生き物、食べ物、建物、乗り物など、その数2037点。
    描きたい物を探してその順序に沿って描くと、簡単に絵が描ける。

  • 絵が下手くそすぎて練習用に購入。
    上手に描こうとしなくても、シンプルな線でも絵は伝わると分かった。練習しよう。

    2020.01.13

  • 絵の見本だけではなく、描く順番も載っていたので、真似しやすかった。
    いろんなバリエーションの絵が載っていて楽しい!

  • り。1204
    5y11m
    ハマって描いてるよかった。


  • ちょっと脱力感のあるイラストが本当に可愛いです

  • 生き物から人、植物、食べ物、乗り物、世界の名所までも!とってもキュートだけど簡単なイラストの描き方がマスターできちゃう辞典です。

  • 何かを描こうと思ったとき、いざ描こうとすると、よく知ってそうなものでも、以外とよくわからなくなったりする。たとえばカバのシッポって?でもこの本があれば大抵のものは描ける。写真よりもエッセンスが取り出してあるからいいんだ。

  • すっごくかわいいイラストが描けます。

    ミヤタチカさん本人とお会いして購入しましたが・・・

    ミヤタさん本人もすっごくかわいい人でした。

  • 何か可愛いです、、、

    誠文堂新光社のPR
    「「スラスラとかわいい絵が描きたい」
    「子供に絵を描いてと言われたけれど、うまく描けない」
    「手帳にちょっとした絵を描きたいけど、どう描けばいいか分からない」
    など、“思うように絵が描けない”時ありませんか?
    そんな時にぜひ見ていただきたいのが本書。
    生き物・人・植物・食べ物・家・乗り物・建物・行事・世界の名所など、たくさんの絵の描き方を、書き順を追いながら紹介。
    「○○が描きたいけれど、どんな形だったっけ?」の疑問をすぐに解決する“絵の描き方の辞典”です。
    ゆるい線ながら特徴をとらえた、味のある絵が人気のイラストレーター・ミヤタチカさんによる描き下ろしの絵がところ狭しと並びます。

    カテゴリごとにあいうえお順の辞書形式で掲載しているので、調べやすさも使いやすさも抜群。
    また、絵が描きあがるまでの工程をすべて載せているので、その順序に沿って描き進めれば、
    子どもから大人まで誰でもあっという間にオシャレでかわいい絵が描けてしまいます。
    すべての漢字に振り仮名がふってあるので、小さなお子さんとも一緒にお絵かきタイムを楽しめ、
    時には絵本のように一緒に読むこともできます。絵の名前に英語の記載がされていることもポイントです。

    画材は見本と同じではなくても、手元にある道具でもOKです。まずは見本を見ながら真似て描いてみてください。
    うまく描こうとしなくても、特徴をとらえていればシンプルな線だけでしっかりそれとわかる絵を描くことができるはず。
    描いても楽しい、見ているだけでも楽しい、絵をかくことがどんどん楽しく好きになる1冊です。 」
    piniの部屋
    http://www.miyatachika.com/

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。佐賀県生まれ。雑誌や書籍、web、広告をはじめとした多くの媒体で活躍するほか、NYでの壁画制作など幅広いジャンルで活動中。全国で個展を開催し、グループ展にも多数参加。‘08年TIS公募入選、‘12年東京装画賞入選。http://www.miyatachika.com/

「2013年 『お絵かき辞典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×