クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑

著者 :
  • 誠文堂新光社
4.50
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113349

作品紹介・あらすじ

海洋生物のジャーナリストとして著名な水口博也氏が、ライフワークとするクジラとイルカを自らの写真を網羅し、リアルな観測記録も加え図鑑形式で見せる。氏の写真は個体写真だけでなく、芸術性をも兼ね備えており、見ているだけでも魅了される。未公開の不思議な生態写真は秀逸である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サーニンさんの本棚から。

  • イルカやクジラのことが詳しくわかる本でした。
    珍しいイルカやクジラを見ることができ感動しました。

  • クジラやイルカが生息する無傷の大自然が純粋に美しい。イルカが美しい海面に身を躍らせる姿はどれもこれも息を吞んだ。とりわけクジラの潮吹きは周囲の光景に映え絶景といってよい清々しさがある。どうやって撮ったのかと思われるような見事な姿態がこれでもかと言わんばかりに続く。後半は各科のクジラ、イルカそれぞれの生態系が見開きで紹介されており、学術的にも十分満足できる内容となっている。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

■水口 博也(ミナクチ ヒロヤ)
1953年生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事。
1984年フリーランスとして独立。
以来、世界中の動物や自然を取材して数々の写真集を発表。
1991年『オルカ アゲイン』で講談社出版文化賞写真賞受賞。
著書に『世界で一番美しい シャチ図鑑』『世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑』『世界で一番美しい ペンギン図鑑』『ペンギンごよみ365日』『シャチ生態ビジュアル百科』『クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑』『イルカ生態ビジュアル百科』など多数。

「2021年 『世界で一番美しい野生ネコ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水口博也の作品

ツイートする
×