星空の楽しい話をしましょう。―プラネタリウムで人気の星空メニュー

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416113509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やさしい星の話。
    ここに書かれている内容はほとんど知っていることが多いのだけど、それでも星の話を聞くことはいつも楽しい。
    プラネタリウムも人がじかに話してくれるタイプのプログラムが好きなのです。

  • 天文学的には意味を持たないのが星座。それでもなお星座の話は何千年も語り継がれ今も人の心を魅了し続けている。オルフェウスの竪琴に始まり、七夕の話・・・中盤以降は、純粋に科学のお話。流れ星、太陽系の内外、星の一生、宇宙の誕生・・・・・。星空を科学で捉えロマンをひろげる。星座を見る楽しみがさらに膨らんだ。

  • ★★★★★
    プラネタリウムで投影を見ながら聞きたい(^^)

    星座について
    暦について
    月について
    ボイジャーやはやぶさについて
    宇宙について

    誰かに話したくなります。
    (まっきー)

  • 写真やイラストが、載っていて、読むのが楽しくなりそうです。どんな、星空の話が待っているのでしょうか、今からワクワクです(*^_^*)

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

駒井 仁南子:プラネタリウム館、教育機関などで解説や番組制作、天文教室などの活動を行っている。近年は天文普及に力を注いでいる。おもな著書に「星のきほん」「星座がもっと見たくなる」「星空の楽しい話をしましょう」(すべて小社刊)など。

駒井仁南子の作品

ツイートする