日本の火山図鑑: 110すべての活火山の噴火と特徴がわかる

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416115299

作品紹介・あらすじ

日本は、4つのプレートがぶつかり合った境界に位置するため、世界でも有数の火山列島と言われています。
最近は火山の活動が活発化しており、噴火や災害の話題が多くのメディアで取り上げられています。
そこで本書では、火山についての正しい知識を身につけられるように、火山の成り立ちや噴火のしくみがどのようなものなのか、日本にはどのような火山が存在しているのかなどについて解説し、防災に関する話題にも触れています。
日本にある110すべての活火山について、その全景や噴火時のようすがわかる写真を多く掲載し、それぞれの火山の噴火史(規模・災害・その後の対応)を紹介するとともに、現在の状態や将来的な噴火予測などについても解説しています。
火山が丸ごとわかる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★★★★★
    関西に火山が無いのにびっくりした。いや、今更なんだけど。
    (まっきー)

  • 日本の110の火山を網羅。美しいカラー写真で楽しめる。北方領土もカバーしている。
    家庭に一冊の必需品。

  • (特集:「もしもの時に備えよう」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00534040

  • 110 の活火山すべてについて、構造、歴史を説明してある。
    名前も知らない山は少ないが、百年以内に活動があったのを知らないところはたくさんあった。
    東日本火山帯が白山で終ったあと、九州の鶴見岳との間に三瓶山と阿武火山群しかないという疎さを、認識していなかった。
    惜しいのは、時間軸に対して噴火歴をプロットした図がないこと。活発な火山では単体でグラフにする意味があるし、東西の火山帯ごとに南北に並ぶ火山の位置を縦軸に取って時間軸に対して噴火履歴をプロットしたら、どれだけの活動があったか一覧して把握できると思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

-

「2019年 『火山のしくみ パーフェクトガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋正樹の作品

ツイートする