白河天体観測所: 日本中に星の美しさを伝えた、藤井旭と星仲間たちの天文台

著者 :
  • 誠文堂新光社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416115374

作品紹介・あらすじ

天文ファンなら、「白河天体観測所」は著者の藤井旭氏と同じようになじみ深い名称だ。
この観測所は藤井氏の飼っていた犬、チロが台長を務め、つい最近まで最新の天文情報を日本中のマスコミに配信していた日本を代表する「天文台」だった。
この白河観測所が昨年2014年にいろいろな事情が重なって閉鎖されたのだ。
本書では、この白河観測所とはどんな観測所だったのか、過去を振り返りながらその全貌を紹介する。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1941年山口県山口市生まれ。多摩美術大学デザイン科を卒業後、星仲間たちと共同で栃木県と福島県県境に広がる那須高原の一角に白河天体観測所を、また南半球のオーストラリアにチロ天文台をつくる。天体写真の分野で活躍し、国際的に知られている。天文関係の著書も多くファンも多い。主な著書に『星になったチロ』(ポプラ社)、『白河天体観測所物語』(誠文堂新光社)、『星が光る星星座早見』(偕成社)などがある。

「2019年 『月の出と月の入り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白河天体観測所: 日本中に星の美しさを伝えた、藤井旭と星仲間たちの天文台のその他の作品

藤井旭の作品

ツイートする