わかってきた星座神話の起源―エジプト・ナイルの星座

著者 :
  • 誠文堂新光社
4.00
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416210109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エジプトに占星術はなかったとする一昔前の定説を完全に覆す著作で、ウェイト版タロットに至る中世エジプト信仰の真の姿を明らかにする。棺に星座を描くことからは中国や日本の古墳時代を思わせる様式がある。ヒエログリフや神話の解説等豊富。別著にメソポタミア版あり。

  • 特に5章からおもしろい。
    古代エジプトでは不変の秩序を見つけるため。
    古代メソポタミアは変化に注目を置き、占星術が発達。黄道十二星座など。
    両者は古代オリエントとも言う。
    メソポタミア地域は古代バビロニアと古代アッシリアを含む。
    メソポタミア→ギリシャ→アラビア語に翻訳。

    古代中国も変化に注目、皇帝が不吉な要素を取り除くために改元したり特別な祈祷を行った。
    天文観測が為政者と深く結びついていた。

    古代メソポタミアの占星文書『エヌマ・アヌ・エンリル』
    『ムル・アピン』BC1000位の、71の星と星座一覧。

  • 2010-9-7

  • 請求記号・443.8/Ko
    資料ID・310005463

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

■近藤 二郎(コンドウ ジロウ)
早稲田大学文学学術院教授。早稲田大学エジプト学研究所所長。天文ファンとしても長年熱心に活動。
専門のエジプト学、考古学の知識を活かし、天文学や星座の歴史的な研究を行う。

「2021年 『星座の起源』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤二郎の作品

ツイートする
×