イラストノート no.21―描く人のためのメイキングマガジン 懐かし、新し、ガールズイラストレーション (Seibundo mook)

  • 誠文堂新光社 (2012年1月23日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416212073

イラストノート no.21―描く人のためのメイキングマガジン 懐かし、新し、ガールズイラストレーション (Seibundo mook)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書では前半に「少女や女性を描く、ガールズイラストの先駆者達」


    後半に「時代の最先端で活躍する若手の方々」を取り上げている。


    その為2つを比較したり、時代が変わっても変わらない共通点を見出す…といった読み方が出来る。


    そして一口に「ガールズイラスト」と言っても、少女マンガのように夢いっぱいのお姫様のようなイラストから、20~30代の女性をファッショナブルに描いたイラストまで様々である事がわかる。



    私自身読んでいて感じたのが多くの作家さんが少女(少年)時代の原体験の影響を少なからず受けており、それが作品に反映されているという事。


    女性が小さな頃「お姫様」や「お人形さん」や「リボン」等かわいいものに憧れる気持ち…ソレをくすぐってくれるのがガールズイラストなのだ。


    3つ子の魂100まで…とは違うかも知れないが、より多くの女性に少女の気持ちを思い出させるような「かわいい」作品が描ければ、ガールズイラストとしては成功なのではないか。


    作品のメイキングもアナログ手法からデジタル、デジタルとアナログの併用等とても充実しており、見ごたえ十分。「女性を中心としたイラスト」に興味がある方は必見です^^

  • Tammy、NICOがよい

全2件中 1 - 2件を表示

イラストノート no.21―描く人のためのメイキングマガジン 懐かし、新し、ガールズイラストレーション (Seibundo mook)はこんな本です

ツイートする