だまし絵でわかる脳のしくみ―遊びながら体験する脳のスゴイ機能 (子供の科学★サイエンスブックス)

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416212134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だまし絵を見たとき脳が何をしているのか、普段物を見ている時の脳の仕組み等が分かる。
    まず実際にだまし絵を試してみて、結果を解説するという流れになっていて、子どもも熱心に読んでいました。

  • 資料番号:020238184
    請求記号:145/タ

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

日本女子大学人間社会学部心理学科教授。1964年米国生まれ。京都大学文学部心理学専攻卒業。カリフォルニア大学、NTT研究所を経て2011年より現職。視覚や記憶、学習方法に関する実験心理学的研究や脳科学的研究に取り組む。錯視・だまし絵関連の著書多数。その他の著書に『脳をその気にさせる錯覚の心理学』(角川SSC新書)、『実験心理学が見つけた超効率的勉強法』(誠文堂新光社)など。

「2016年 『脳が驚いて活性化!毎日[だまし絵]で脳トレ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

だまし絵でわかる脳のしくみ―遊びながら体験する脳のスゴイ機能 (子供の科学★サイエンスブックス)のその他の作品

竹内龍人の作品

ツイートする