トライアスロンはじめました。: フルマラソンより先にトライアスロンを始めてみた、おどろきの体験記

  • 誠文堂新光社 (2012年7月13日発売)
3.64
  • (9)
  • (10)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416312179

作品紹介・あらすじ

トライアスロンは誤解されている。トライアスロンは体にやさしいスポーツだった。

トライアスロンはじめました。: フルマラソンより先にトライアスロンを始めてみた、おどろきの体験記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トライア

    マラソンと夏は水泳をジムでするので、いつかはトライアスロンをやってみたいと思っていた。ある日、ふと電車の中吊り広告を見ると「九十九里トライアスロン大会」の広告!いよいよテンションがあがってくる。まずイメージをつかもうと、トライアスロンの本を探し読んでみる。
    バイクにお金がかかると思っていたが、最低でも10万円、おすすめは30~40万円&ウエットスーツが必要なのかと言うことを知り、貧乏人にはハードルが高いスポーツだなと意欲がしゅんしゅんとしぼんでいく。バイクレンタルの大会とか無いかな。

  • トライアスロンはじめました。
    というタイトルに惹かれて本書を手にとる。

    フルマラソンのほうがつらい
    トライアスロンは体にやさしいスポーツだった
    表紙のフレーズに心惹かれる。

    さらっと立ち読み。
    イラストが多い
    写真も多い。
    ブログ感覚で簡単に読めそうだ。
    何より、この人ホントに「はじめました」だ!

    島田図書館で借りました。
    1時間ぐらいで読了。
    私も始めたくてウズウズ。
    近場で毎年7月と9月に大会がありみたい!
    バイクとウェットスーツが高いハードルだなぁ。

  • 体験談としては面白い。
    もっと具体的な話が知りたかった。バイクとか。

  • トライアスロンはいつかやってみたいと思いつつなかなか踏み出せない。
    しかし著者は、自分と同じような未経験者から3回オリンピックディスタンスのレースに参加するまでの体験談をもとに紹介している。

    漠然とした経済的な負担はなんとなくわかったし、初心者視点での注意点などが書かれておりわかりやすかった。魅力的な競技だと改めて思ったが、やはり自分には敷居が高いと改めて感じた。

  • 30過ぎたおじさんがトライアスロンを始めてのブログを本にしたんだと思うけど、実際のレースの様子とかがわかってとても参考になるし、トライアスロンの効用をうまくまとめててモチベーション高めてくれる。

  • 参考にはなるがなんか違う

  • トライアストンやってみたくなりました!

  • 野中秋世さんのトライアスロン初挑戦への道を書いた本。トライアスロンにどう取り組んでいったら良いかを細かく説明されています。練習方法やバイクの買い方など、とても分かりやすい内容です。

  • さらに詳しい、基本の本を読んでみたくなった。
    絵や写真が多く、楽しい内容。

  • 未経験者がトライアスロンにハマっていく様が、まさにブログ記事かのように自然体で綴られていて、一つの体験例として面白く読むことができる。

全15件中 1 - 10件を表示

野中秋世白戸太朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
クリス・ギレボー
又吉 直樹
池井戸 潤
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

トライアスロンはじめました。: フルマラソンより先にトライアスロンを始めてみた、おどろきの体験記はこんな本です

トライアスロンはじめました。: フルマラソンより先にトライアスロンを始めてみた、おどろきの体験記を本棚に登録しているひと

ツイートする