池波正太郎を“江戸地図”で歩く

著者 : 壬生篤
  • 誠文堂新光社 (2016年3月10日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 15人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416516966

作品紹介

平成27年に没後25年を迎えた作家・池波正太郎。
彼は、東京の下町(浅草)に生まれ、そこで体験した幼少期以来の記憶や、その後、江戸の古地図(切絵図)などを持って東京の町を散策した中から、その独自の時代小説の世界を生み出していった。
本書では、そんな池波時代小説の世界を、彼がこだわった江戸切絵図と、その対照現代地図(合わせて計36図以上)なども駆使して、今昔にわたってビジュアルに解説し、これまでにない読み解き方、エピソードなどを、より興味深く紹介していく。

池波正太郎を“江戸地図”で歩くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地図が好きで、持ち歩いていたものです。
    (今は、スマホとiPad でOK^^)
    第1章~10章までの町並みは、どれも馴染み深く歩きまわる時の定番エリアでした。
    先日の隅田川花火大会でも、9章の「浅草橋場」界隈を歩いてきたばかりでした。
    レンガ造りの古い蔵を見つけたり、白髭橋からの隅田川の眺めは左側にスカイツリーが入った図が撮れました。
    江戸地図には知らない処も多く、興味はつきません。

  • 久し振りの市立図書館所蔵資料~新宿・赤坂・四谷・麻布・三田・白金・五反田・渋谷・原宿・外神田・湯島~小説群を読んで,出て来た場所を検証しようって本・ま,それだけ馴染みがあって狭い領域だって事だ。早稲田とか高田馬場だとか,護国寺だとか鬼子母神だとかは出てこなかっただろうか
    ?逢坂剛???佐伯泰英????

  • 物語の中を地図が現代と江戸時代を行き来する

全3件中 1 - 3件を表示

池波正太郎を“江戸地図”で歩くのその他の作品

壬生篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

池波正太郎を“江戸地図”で歩くはこんな本です

ツイートする