デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来

制作 : JAGDAインターネット委員会 
  • 誠文堂新光社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416517840

作品紹介・あらすじ

黎明期の実験、CGの発展、マルチメディアの熱狂、ネットの普及、
そしてシンギュラリティの未来……デザインとテクノロジーの来し方・行く末を一望し、
イノベーション幻想を超えた本質へ。

デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の最前線で生み出された作品群で辿った企画展を凝縮し、
独自の論考や資料を加えた決定的な一冊。

デザインはデジタルテクノロジーの革新とともに拡張と発展を続けてきた。
近い未来には人工知能の発達が人間社会に大幅に変化をもたらし、
デザインのありかたも根本的に変容するとまで予想されている。
そのようなセンセーショナルなヴィジョンを前に今後のデザインを見通すためには、
デジタルメディアとデザインの本質的関係をつかむ必要がある。

本書ではグラフィックデザインの領域を主軸に、デジタル黎明期から現在にいたるまで、
コンピュータを「環境」や「素材」として制作されたパイオニア的なプロジェクトを
関係者の貴重な証言や資料とともにドキュメント。
さらに気鋭の評論家・山本貴光による特別寄稿も収録し、人間とテクノロジーをつなぐデザインのあり方について考える材料を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【資料ID: 1117000886】 727.021-J 14
    http://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB23098173

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784416517840

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

JAGDAインターネット委員会:JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、1978年に設立されたグラフィックデザイナーの全国組織。会員数約3000名。年鑑の発行、展覧会やシンポジウムの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、多岐にわたる活動を行い、日本のグラフィックデザインの発展とコミュニケーション環境の質的向上に寄与している。

「2017年 『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来を本棚に登録しているひと

ツイートする