がっかり妖怪大図鑑: 情けなくてかわいいから、もっと好きになる!

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416521960

作品紹介・あらすじ

日本各地の民話や伝承に登場する妖怪たちは、地域の生活に根差したものも多く、じつは生活感たっぷりの愛嬌があります。

本書は、妖怪たちの情けないエピソードやトホホな特徴を紹介しています。
イラストや4コマ漫画などを交えて1~2ページで1体を解説する図鑑形式です。
小学生から読める総ルビ仕様。
しかも、民話伝承好きの大人も欲しくなる貴重な情報も満載です。

古くから語り継がれてきた妖怪たちの、「弱いところ」「人間臭いところ」「ダメなところ」。
それらを楽しく学んで、妖怪をもっと好きになる本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 字が多め。大人が読むと面白いけど、子供には難しい内容でした。

  • 妖怪辞典としてはおもしろいけど、『がっかり』がこじつけ過ぎて、それこそがっかり。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1968年、東京都生まれ。妖怪探訪家、フリーライター。幼い頃から妖怪に興味を持ち、妖怪伝承地を取材。水木しげるとの共著『日本妖怪大辞典』、京極夏彦・多田克己との共著『妖怪馬鹿』『妖怪旅日記』をはじめ、『妖怪事典』『日本妖怪散歩』『手わざの記憶』『怪しくゆかいな妖怪穴』『妖怪ひみつ大百科』『がっかり妖怪大図鑑』など著書多数。

「2022年 『ひどい民話を語る会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上健司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×