生活に溶けこむ北欧デザイン

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.76
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416608449

作品紹介・あらすじ

建築、家具、照明、家電、テーブルウェア、テキスタイル、グラフィック…etc。北欧の暮らしの中で、大切に受け継がれてきた定番から、21世紀の新たなスタンダードまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常生活で育まれたカルチャーに独創的なクリエイティビティが付加されたデザインは、違和感がない。

  • 六本木ヒルズ4階のエスプレッソアメリカーノに置いてあったのを読んだ。気分転換にぴったり。
    ちょうどiittalaのガラス展を見たあとなので、より理解できた。
    写真がきれいで自分でも欲しい一冊。

  • 北欧の家具、雑貨をカラーの写真をふんだんに使って紹介した一冊だ。
    突っ込んだ内容、というよりは、メジャーなデザイナーや作品を広く浅く紹介する「はじめての教科書」的な一冊で、目新しいものはない。
    「北欧」を俯瞰するにはちょうどいいのかもしれないけど。
    こういう「北欧本」は多数あるので、座談会の中に出てきた「日本ではまったくメジャーじゃないけれど本当にいいもの」を紹介してほしいなぁ、と思ったのだけれど、それじゃあ売れないんだろうな。

  • 日本にもよいデザインは確かにたくさんあるけど、ただ北欧と違うのは、それが日常の暮らしの中に受け入れられる土壌がないこと。それは大きなちがい。生まれたころからヤコブセンやウェグナーの近くで育つ北欧のひとたちがうらやましい。

  • 写真がたくさん使われていて、結構キレイに写ってるので、見てるだけでも楽しいです。
    前半は著名な北欧のデザイナーを10名取り上げ、その後、国別にデザイナーを解説し、後半はやっぱり国別に主要プロダクトメーカーを解説しています。
    章や内容の構成については、ちょっとバランス悪い気もしますが、写真と解説はキッチリしてるので、良い本だと思います。

  • お気に入り。

  • 「北欧デザインをめぐる旅」と同じ編集者。
    注文中。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

萩原 健太郎:ライター、フォトグラファー。1972年生まれ。大阪府出身。家具・インテリアの株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て、2007年独立。著書に、『写真で旅する 北欧の事典』『北欧デザインの巨人たち』『生活に溶けこむ北欧デザイン』『日々、うつわ 民藝のうつわのある、おいしい日常。』『民藝の教科書1 うつわ』『民藝の教科書2 染めと織り』『民藝の教科書3木と漆』など。

「2015年 『北欧ファブリック スタイリングブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生活に溶けこむ北欧デザインのその他の作品

萩原健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする