デザインノート no.31―デザインのメイキングマガジン トップアートディレクターが魅せる「手描き」から創るデザイン (SEIBUNDO Mook)

  • 誠文堂新光社
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416610039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最新号ではありません。
    たまたま Amazon でバックナンバーを見つけ、購入しました。
    表紙に細谷巌さんの名前を見つけたのが大きいかな・・私がデザインを学んだ学校の大先輩ですから。
    キャノンの広告のシリーズを細谷さんがディレクションしていたのは知っていましたが、スケッチを見たのは今回が初めてです。

    私がデザインの勉強をしていた頃は、手描きのスケッチはデザインの行程として必須だったし、プロになってからもそれは変わらなかったです。
    先輩からは、描けば描くほど良いものが出来ると言われました・・まあ、それが嫌だと思ったこともありますけどね。(笑

    今のデザイナーは、スケッチを描かない人も結構居るようです。
    でも、せいぜいこの20年くらいですからね・・デザイナーがパソコンを使うようになったのは。
    何がなんでも手描き優先とは言いませんが、やはり大事にしたいですね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【作品制作】下田直子(手芸作家)、勝屋まゆみ(デザイナー)、若山夏子、平山良佳/nooy(ファッションデザイナー)、三園麻絵(ファッションデザイナー)、野木陽子(ファッションデザイナー)【刺繍制作】大塚あや子(刺繍作家)、西須久子、伊東保子 、奥村美紗子、吉川真理子(ともに刺繍家)【文】小宮真喜子(もと文化学園服飾美術館学芸員)、吉村葉子(日仏生活文化研究家)【英訳】杉本まゆみ【テクニック監修】西須久子、伊東保子【刺繍コレクション】Therese de Dillmont(テレーズ・ド・ディルモン)。1846年オーストリアに生まれる。ウィーン刺繍アカデミー(L Academie de broderie de Vienne)に学び、1884年DMCとの出合いのもと、ミュルーズ近郊ドルナッハに移り住み、刺繍学校を設立。1886年『手芸百科事典』(Encyclopedia des ouvrages de dames)を出版。

「2018年 『クロスステッチ フォークロア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする