おどろきの植物 不可思議プランツ図鑑: 食虫植物、寄生植物、温室植物、アリ植物、多肉植物

著者 :
制作 : 横山 拓彦 
  • 誠文堂新光社
3.00
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416614655

作品紹介・あらすじ

世界中には、実に多くのふしぎな形をし、奇妙な生態をもった植物が存在しています。
虫を食べる植物のハエトリソウ、蜂に擬態するオフリス、雪を溶かすザゼンソウ、ヒマラヤのセーター植物、石に擬態するリトープスなど、なぜそんな形、生態をしているのか、疑問と興味を持たずにいられません。
そんな珍しい形、機能をもった植物を、食虫植物愛好家・作家の木谷美咲が様々な観点から90種類以上セレクトし、愛情と感嘆をもって、その植物の発見の由来、栽培の歴史などのエピソード、形・生態の魅力を解説します。
また、紹介する全植物を、イラストレーターの横山拓彦が、緻密なオールカラーイラストで紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少年と植物研究者との対話で不可思議プランツを紹介。「官能植物」ではエロティックにデカダンに紹介されているところが、この本ではうまく仄めかしになっている。

  • 世界中の不思議な植物を紹介。
    博士と少年のコミカルなやりとりも面白いです。
    ただ、プランツの紹介が絵なのが残念である反面、絵だからこその遊び心もちらほらあって面白かったりもしました。

  • こういう図鑑は面白い

  • 男博士と小6男の会話が鬱陶しい不快不快不快。

    p.157「やっとの思いでメスに抱きついたら、怖い人が出てきて、地面に叩きつけられて、全財産を取られてしまうのじゃ。」
    これ読んで植物って面白そうと思う人間いるのか?

    せっかく面白そうなテーマなのに残念。

  • 図書館で借りたから許せるが、買ったら怒っただろうな。
    だいたいなんでイラスト?

  • 絵を見た^_^

  • イラストは綺麗なのだが写真も欲しいし、何より文章がいただけない。本書のそれは子供向けにしようとして勘違いしているのか「へんないきもの」のような笑いを狙って外しているのか。この文章だったら、それより写真やデータを記載してほしいところ。

  • 10/18〜10/21『不可思議プランツ図鑑』出版記念展示会のお知らせ|革命的植物宣言
    10/18~10/21『不可思議プランツ図鑑』の出版記念展示会を
    銀座ギャラリーRONDOで行います。
    横山拓彦さんによる渾身の本書掲載イラスト、ポストカードを展示・販売。
    横山さんと一緒に在廊します。
    13時~18時30分
    http://ameblo.jp/magicalplants/entry-11936907538.html

    誠文堂新光社のPR
    http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=4281

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

木谷 美咲:1978年生まれ東京都出身。食虫植物愛好家/園芸ライター/作家。著書に『大好き、食虫植物』(星野映里名義/水曜社)、『マジカルプランツ』(山と渓谷社)。『月の光で野菜を育てる』(永田洋子氏との共著/VNC)、電子書籍『奇想食虫植物小説集 疾走! ハエトリくん 他2編』(ヤマケイ&QB)、『私、食虫植物の奴隷です。』(水曜社)、『人生が変わる! 特選昆虫料理50』(内山昭一氏との共著/山と渓谷社)、『ハエトリくんとふしぎな食虫植物のせかい』(VNC)、『不可思議プランツ図鑑』(誠文堂新光社)『タモリ倶楽部』、『中川翔子のマニア☆まにある』、『ワケありレッドゾーン』、『古坂大魔王ツギコレ』、『いとうせいこうのGreenFesta』などTV、ラジオ出演。公式ブログhttp://ameblo.jp/magicalplants/

「2015年 『食虫植物サラセニア・アレンジブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おどろきの植物 不可思議プランツ図鑑: 食虫植物、寄生植物、温室植物、アリ植物、多肉植物のその他の作品

木谷美咲の作品

ツイートする