OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住: 25歳、東京、一人暮らし。月15万円で快適に暮らすアイデアとコツ

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.88
  • (4)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416620014

作品紹介・あらすじ

大人気「暮らし系」You Tuber、「OKUDAIRA BASE」が提案する、あたらしい暮らしのヒント集

奥平眞司(おくだいら・まさし)さんが運営する、You Tubeチャンネル「OKUDAIRA BASE」による初の著作です。

「家事が大好き」で、「暮らしそのものを味わい尽くすために生きたい」という25歳の奥平さんが選んだのは、“丁寧な暮らし”でもなく“ミニマリスト”でもない「あたらしい暮らし方」。
都内にある、家賃4万8千円、1DKのアパートで、料理、DIY、モノ選び、掃除、整理整頓、友人を招いてのもてなし、家族との関係、一人キャンプに一人旅など、「暮らしの何もかも」をとことん楽しむ日々を送っています。

無理しない、やりたくなかったらやらない、便利さや効率、時短は求めない――。
そんな自分軸で生きるための衣食住のアイデアとコツをたくさん紹介しています。

日々の暮らしの様子を動画で発信している「OKUDAIRA BASE」には、
「明日の朝ごはんをゆっくり作ってみようと思った」
「まずは、ながら家事の手を止めてコーヒーをじっくり入れてみようかな」
「思わずキッチンの整理を始めました」
「家でキャンプしてるみたい」
「毎日、秘密基地で遊んでいるよう」
「特別なことは何もしていないのに、なんだか毎日が楽しそう」
「寝る前に見て癒されてから寝るのが日課です」
など、多くの視聴者からコメントが届きます。

暮らしの楽しさに目覚めたきっかけ、フリーランスという働き方を選んだこと、収入、お金の考え方、時間の使い方、将来のことなど、これまで視聴者から要望がありながらも、動画では伝えてこなかった、奥平さん自身の考え方もたっぷり掲載。
お金をかけず、自分らしく暮らすためのヒントがつまった一冊です。

~奥平さんからのメッセージ~ 
暮らしとは、料理や掃除、部屋を整えるなど
「やらないといけないこと」です。
でもその「やらなきゃならないこと」を
「楽しくて仕方がないこと」
に変えることができたら
毎日が、人生が楽しくなると思うんです。

視聴者さんには、
僕の毎日を見守ってくれるお母さん世代の方や
人生の大先輩のような70代以上の男性、
一人暮らしをしている方、
一人暮らしをしたいと考えている方が多いのですが、
この本を通じて、よりたくさんの
「暮らしを楽しむ人」が増えて、
その人たちと出会えたらいいなあと思っています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日々追われている自分にとって
    奥平さんの日々を楽しむYouTubeが
    とても癒しで、
    本の発売もとても楽しみにしていました!

    奥平さんと同じようなジャンルの建築インテリア・デザインの勉強や仕事をしてきていますが、
    全く衣食住を楽しむ余裕が持てていません。
    奥平さんを通して正反対の世界を
    体感させてもらっています。笑

    豊かな心がとても伝わってくる。
    読了後、ほっこりした気持ちになりました。

  • 綺麗でシンプルな暮らし
    好きなことには手をかけ時間をかけ、大切に
    こんな風に暮らしたいと思いながら、必要のないものや、要らない雑念にまみれてる日々のわたし

  • 趣味が家事という筆者。
    昆布と鰹節から取った出汁。
    バンズから焼き上げたハンバーガーを作り、パスタも製麺機から作る。
    本当に日常の暮らしが好きで溢れている。
    そんな暮らしを紹介する本。
    最近、YouTubeでチャンネル登録をして、この本が出版されたのを知って購入。
    僕も暮らしを楽しみたい。

  • YouTubeで知ったのだけれども、本も買ってよかった。
    著者にとっての暮らしの中で楽しいことは、自分にとってめんどくさいと感じることも中にはある。しかし、楽しくできるようになれるというのが大きな発見だった。

    コーヒー挽き始めました。

  • 友達から教えてもらったYouTubeをよく見るようになり、書籍を読みました。YouTuberになるまでのこと、金銭的なこと、今後の考えなど気になっていたことが全て書かれていたように思います。暮らしを大切にして時間をかけて楽しむこと、素敵だと思いました。

  • 吟味しているはずなのに、不用品がでてくる不思議
    物を手に入れた時には、今の生活にはこれが絶対必要と思い、
    実際暮らしの中で役立っていたのですが、
    時がたつにつれてもう必要がなくなったり、別の物に買い替えたりして、その役目を終える。自分が変化しているからこそ、不用品が生まれるのだと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

■奥平 眞司(オクダイラ マサシ)
ユーチューブチャンネル「OKUDAIRA BASE」主宰。
愛知県出身。福祉系大学卒業後、桑沢デザイン研究所夜間部にて空間デザインを学ぶ。
料理やDIY、物選び、整理整頓、家族や友人を招いてのもてなし、一人キャンプや旅行など、自分の時間をとことん楽しむ方法をユーチューブにて配信。
動画制作、キッチンツールのデザインなども行っている。
次世代ユーチューバーの育成プログラム「YouTube NextUp2019」に選出。
チャンネル登録者数約12万人、総視聴回数約1,200万回。

「2020年 『OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥平眞司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
砥上 裕將
新井 見枝香
有川 ひろ
辻村 深月
伊坂 幸太郎
寺地 はるな
益田 ミリ
有効な右矢印 無効な右矢印

OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住: 25歳、東京、一人暮らし。月15万円で快適に暮らすアイデアとコツを本棚に登録しているひと

ツイートする
×