浮世絵でめぐる江戸の花―見て楽しむ園芸文化

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 誠文堂新光社 (2013年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416713013

作品紹介

江戸時代に頂点を極めた園芸文化。庶民の暮らしの中に浸透した、花や植物の栽培、鑑賞の文化。この現代の園芸のルーツともいえる江戸園芸文化を、浮世絵から紐解く。浮世絵に描かれた人々の暮らしと園芸の関わり、歌舞伎と花、名所と園芸を「知る」「飾る」「遊ぶ」という視点で解説。<br>かつての植木屋さん、花屋さんはどんな姿だったのか?当時の花や鉢物の鑑賞の仕方などが楽しめる。世界が認めた日本の花文化を浮世絵から学ぶ一冊に。

浮世絵でめぐる江戸の花―見て楽しむ園芸文化の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 役者と植木がテーマ。

全1件中 1 - 1件を表示

日野原健司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

浮世絵でめぐる江戸の花―見て楽しむ園芸文化はこんな本です

ツイートする