小さなお菓子 プティ・フール: 食事の後に、ティータイムに、お酒のお供に様々なシーンで楽しめる

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416713495

作品紹介・あらすじ

プティ・フールとは、食後のデザートやブッフェ形式でコーヒーと共に提供される小さなお菓子のこと。一口サイズなので、コーヒーや紅茶、お酒と共に甘いものを少しいただきたいというときにピッタリ。レストランはもちろん、スイーツ店でもケーキやカップ菓子と共に並ぶ人気のお菓子として知られています。

小さいのでいろいろな種類を試すことができるのも嬉しいポイントです。また、ミニチュアのようなかわいい見た目は見るだけでテンションが上がってしまうはず。ティータイムにだせば自然と会話が弾んでしまいます。

本書はフランス菓子研究家の大森由紀子さんが紹介するプティ・フールのレシピ本。王道のプティ・フールはもちろん、大森さんオリジナルの、フランス菓子をプティサイズにしたレシピなど、小さくてかわいいお菓子の作り方を62種を、すべての工程を写真付きで紹介しています。

たくさん作りすぎてしまったら、お客さまへのおみやげにしたり、焼き菓子の場合は短期間なら保存がきくのでしばらくおやつでいただいてもOK。フランスの伝統菓子について知ることができ、様々なシーンで活躍する、はじめてのプティ・フールレシピです。

プロフィール

大森 由紀子:フランス菓子・料理研究家。学習院大学フランス文学科卒。パリ国立銀行東京支店勤務後、パリの料理学校で料理とお菓子を学ぶ。フランスの伝統菓子、地方菓子、ストーリーのあるお菓子や、田舎や日常でつくられるフランスのお惣菜などを、雑誌、本、テレビ等で紹介している。フランス地方菓子・フランス料理の教室「エートル・パティス・キュイジーヌ」を主宰。「わたしのフランス地方菓子」、「フランス地方のおそうざい」(ともに柴田書店)、「パリスイーツ」(料理王国社)、「物語のあるお菓子」(NHK出版)、「ママンの味、マミーのおやつ」(文藝春秋)、「フランス菓子図鑑」(世界文化社)、「ベーシック・フレンチ」(世界文化社)など、著書30冊以上。フランスの伝統&地方菓子を伝える「ル・クラブ・ド・ラ・ガレット・デ・ロワ」の理事やスイーツ甲子園審査員&コーディネーターを務める。

「2016年 『小麦粉なしでおいしいフランス菓子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大森由紀子の作品

小さなお菓子 プティ・フール: 食事の後に、ティータイムに、お酒のお供に様々なシーンで楽しめるを本棚に登録しているひと

ツイートする