増補改訂 原色 木材大事典185種

著者 :
制作 : 村山 元春 
  • 誠文堂新光社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416713792

作品紹介・あらすじ

現在、日本で手に入る木185種の木材の基礎知識を網羅し、樹名、木目、色味、質感、耐久性、加工性、糊付接着性などの情報を収録。木材を仕事として使用する、内装業者などの土木系の職人や建築家、インテリア・デザイナー、木工作家、さらにプロだけではなく木工好きなアマチュアも含め、資料的要素の強い書籍です。※本書は、2008年8月に発行された『最新 木材大事典170種』に、さらに最近流通されてきた樹種を15種追加して、ボリュームを増した、決定版的書籍です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784416713792

  • 【配置場所】工大選書フェア【請求記号】657.2||M【資料ID】11301217

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

村山忠親:木場の木材問屋、三代目として木材にたずさわり50年、北米材、南洋材、国産材ほか、世界中の木材の仕入れ、加工、販売など、多岐に渡り木材の普及に尽力する。2006年2月、食道癌にて逝去。

「2013年 『増補改訂 原色 木材大事典185種』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山忠親の作品

ツイートする