鎌田由美子 着物ヘアメイクの発想: SHISEIDO KIMONO BEAUTY

著者 :
  • 誠文堂新光社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416715192

作品紹介・あらすじ

資生堂でわずか8人ほどしかいないトップヘア&メーキャップアーティストのひとりである、鎌田由美子による初の著書!
和装のヘアメイクを得意とする彼女が、これまで培ってきたヘアメイクのメソッドを用いて、着物を着たときのヘアメイクを解説します。

●現代的なヘアメイクの提案
着物の種類や着ていくシーンごとに、エッジの効いたスタイリッシュなものから、ふんわりと愛らしい雰囲気のものまで掲載。現代らしい和装ヘアメイクの幅広さを、美しいビジュアルとともに体感!

●写真集のような美しいビジュアル
グラビアページをふんだんに盛り込み、ヘアメイク&着物のトータルで作る和装ビューティの世界を表現しました。日本が誇る着物文化の美しさを、ビジュアルを通して堪能いただけます。

●自分または美容院でできるノウハウも充実
光と影、肌の質感にこだわった、鎌田由美子流のメイクテクを用いることで、和装のときも自分の魅力を最大限に引き出すことができます。ヘアアレンジのアップや、メイクは目や頬、唇など、ポイントごとに分けて、こだわりのテクニックを解説することで、フルアングルで美しい姿を実現させましょう。

●芸術品のようなスタイリング
着物のスタイリストとして人気の高い秋月洋子さんによる、モダンで美しい着物のスタイリングにも注目です。芸術品のような着物や帯、履物をセレクトし、完成度の高いトータルビューティをお楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、着物にハマっていると話したら知人が貸してくれた本。

    資生堂に勤めてらっしゃる鎌田由美子さんの、着物のときのヘアメイクの本です。
    とにかく、徹頭徹尾美しい。ほれぼれします。
    本の大きさも大判で、紙もつるつるしておらず、ちょっとざらりとした質感なので、着物姿が大変美しいです。

    メイクって人間の顔を使ったアートだと思うのですが、なるほど、そういうことを考えてメイクをしていくのかーとメイクを全然しない身としては興味深かったです。

    特に好きだったのは、お花見の時の髪型。耳を半分隠すだけで、ミステリアスな雰囲気が出るのはマジックですね。

    惜しむらくは、このメイクもヘアも、初心者ができるようなものではないのでは…と。なので、きっとヘアメイクがすでにある程度できる方であれば、もっと得るものが多いのかもしれません。

  • 帯文:”渾身の1冊!資生堂が誇る鎌田由美子の感性” ”振袖、訪問着、紬、浴衣…着物の種類やシーンに合わせたヘアメイクが見つかる”

    目次:鎌田由美子の感性、PART1着物の種類で分ける8つの和装ヘアメイク、PART2年中行事で分ける8つの和装ヘアメイク、鎌田由美子のメソッド集

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

鎌田 由美子:資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト。1987年、SABFA(Shiseido Academy of Beauty & Fashion)卒業と同時に、株式会社 資生堂に入社。資生堂のヘア・メーキャップアーティストとして宣伝広告・CM撮影に参加するほか、ビューティコンサルタントの教育まで幅広く手がける。メーキャップブランド「INOUI」や「SHISEIDO VITAL-PERFECTION」など数多くのブランドや、「&FACEドレスメソッド」のビューティーディレクターとして商品開発、美容法の開発、宣伝広告・CM撮影を担当してきた。いっぽうで、着物とヘア・メーキャップのトータル美を追求。1992年にスタートした日本の古きよき伝統の創造と、和装と洋装が融合するイベント「ファッションカンタータ from KYOTO」では、ショーのヘアメイク総合監修を務めている。近著に『鎌田由美子 着物ヘアメイクの発想』(誠文堂新光社)がある。

「2015年 『CHANGE! 鎌田由美子流 メイクで人生を素敵に変える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田由美子の作品

ツイートする