ドイツ修道院のハーブ料理: 中世の聖女、ヒルデガルトの薬草学をひもとく

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416715277

作品紹介・あらすじ

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)、時代を超えて注目をされている12世紀ドイツの修道女です。ヒルデガルトは医学者、薬草学者、そして音楽家でもありました。
多くの著者を残し、生誕900年を祝した1998年あたりから、ドイツだけではなくヨーロッパ各地で、再びヒルデガルトがクローズアップされています。
中世の修道院での自然学に基づいた料理が、ストレスや過食、アレルギーなど現代病ともいえる症状を緩和するための健康料理として見直されつつあるのです。

修道院の食生活は、自給自足を基本とし、野菜を育て、家畜を飼い、パンを焼き、ジャム、チーズ、ソーセージなども自分たちで作る生活。
ストイックとイメージしがちですが、実はとても豊かです。
たっぷりの季節の野菜や果物を中心に、ハーブやスパイスの健康効果を加味したヒルデガルトのレシピは、まさに健康食、ダイエット食として理想的です。

本書は、ヒルデガルトのレシピの研究を長年続けている、日本におけるドイツ料理の第一人者、野田浩資シェフが、日本でも手に入りやすい食材で、できるだけ忠実にヒルデガルトの料理を再現したレシピブックです。
スペルト小麦など、今人気の穀物を使ったレシピも多数。
中世の食文化の考察や、現地紀行も掲載し、ヒルデガルトの足跡をたどる読み物としても楽しめます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 借りたもの。
    フランスのジャニーフルニエ=ロッセ『聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ』( https://booklog.jp/item/1/489479196X )にあるものを可視化した感じ。
    ……両方ともヒルデガルドのレシピに基づいているからなのだが。
    フェンネルのスープと、こちらでは“フェンネルのクリームスープ”など。

    飽食の時代に旬を食べ、地産地消、自給自足の生活をすることを見直す(ある意味、情景?)。
    人間は本来、1日2食で充分であるなど、改めて再確認する。
    そうした食事は質素な印象を与えるが、この本は素晴らしいコース料理となって再現されている。満足感がありそう。

    しかしこちらも、『聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ』同様、日本で馴染みがない食材があって戸惑う……
    簡単にパパッと作るというよりは、本格的。
    私にはまだ敷居が高かった……

    聖女ヒルデガルトが開いたアイビンゲンの修道院の写真が美しく、本のイマジネーションを上げる。
    ヴィジュアルが良い。
    巻末にはヒルデガルド略歴、 スパイス、ワイン小史など。

    レシピは日本人シェフによるドイツ料理。
    ZUM EINHORN(ツム・アインホルン http://www.northfacejacketoutlets.us.com/ )オーナー。

  • 12世紀ドイツの修道女のレシピを現代的に再現した料理本

  • ホースラディッシュの消費の仕方を調べるために。食パンと牛乳とホースラディッシュナツメグ味ソースを作る。
    タイ料理で使うガランガーが出てきていたのはちょっとびっくり。確かに生姜より古い感じはある。コールラビは既にあるのね。

  • スペルト小麦と、ガランガーを多用するんだなー。スペルト小麦や根セロリなど、食べたことがない食材があって気になる。作ってみたい。

  • 薬効ベースかと思っていたが実際に読むと、著者がちゃんとしたシェフという事でどれも美味しそうな料理ばかり。もちろんハーブや食材の知識についても一通り書かれている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

野田 浩資:1947年東京都品川生まれ。73年、六本木のチェコスロバキア料理の『キャッスルプラハ』に勤務。その後ドイツへ渡り、シュタイゲンベルガー・ホテル『フランクフルタ-ホフ』『シュタイゲンベルガー・パ-クホテル』にて修業。その後、ベルギ-、モナコ、スイスと各国を渡り修業。帰国後、レストランを開業した後、赤坂のOAGハウス・ドイツ文化会館に『OAGクラブレストラン・クライゼル』出店を経て、『ツム・アインホルン』を開店。日本でもっともドイツの味を感じさせてくれるドイツ料理シェフとして知られている。著書:『野田シェフのドイツ料理』『新・ドイツの森の料理人』『ビールの国の贈り物』『ワイン街道 美食の旅』

「2016年 『ドイツ修道院のハーブ料理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドイツ修道院のハーブ料理: 中世の聖女、ヒルデガルトの薬草学をひもとくのその他の作品

野田浩資の作品

ツイートする