世界の美しき鳥の羽根: 鳥たちが成し遂げてきた進化が見える

著者 :
制作 : 舘野 鴻  かわしま はるこ  松橋 利光 
  • 誠文堂新光社
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416715536

作品紹介・あらすじ

世界の美しい鳥の羽根を写真とイラストで紹介。色や形、構造など鳥の羽根の美しさの裏側にある進化の謎にせまります。美しい羽根の写真や、ウェブなどでもなかなか紹介されていない珍しい鳥の姿は繊細なタッチのイラストで表現。鳥の専門家はもちろん、美しいものが好きな人にも写真集として楽しめる1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★科学道100 / 果てしない収集
    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=11700397

  • 鳥類が鳥類であるゆえんは、「羽根(羽毛)を持っていること」。鳥たちの進化を、模様、色彩、形、飛べない鳥の4つに分けて紹介する。(「はじめに」より抜粋)

    1種類の鳥につき、1~2ページをあてる。
    鳥の名前・英名・学名・分類、生息地や生態などの紹介文、全身像のイラスト、羽根の写真を掲載する。

    私が好きなのは、2章「色彩」。鮮やかな色の競演に、うっとりする。
    ライラックニシブッポウソウの風切羽は、黒と水色がコバルトブルーを引き立てていて、配色の妙に唸る。後で写真を検索してみると、嘘みたいに極彩色の鳥で、さらに驚く。
    3章「形」では、尾や頭の個性的な飾り羽が登場して楽しい。

    1点、残念だと思うのは、鳥の全身像はイラストでなく写真を載せてほしかったこと。可愛らしいイラストだが、どこまでデフォルメして描かれているかわからないので、どうしても実際の姿をイメージしにくい。

    羽の写真は、鮮明でレイアウトも見やすい。鳥以上に羽の方が美しいとすら思える。
    部屋に一枚だけ飾るとしたら、王道のマクジャクか、オウギバトの繊細な飾り羽がいい。

  • 世界の美しい鳥たちの羽根に注目した写真集。鳥の姿ではなく羽根1枚1枚を写真に収めているので、種類、形、色の違いがよくわかります。羽根自体の美しさに魅了される、そんな一冊です。
    (制御システム工学科 B4)

  • 自然の創り出すデザインの素晴らしさ
    鳥好き、デザイナー〜

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

藤井 幹:1970年、広島県生まれ。現在は神奈川県在住。鳥の調査や研究、保全活動を行う。子供のころから生き物が大好きで、鳥だけでなく色々なものに興味を持っていた。趣味は羽根集めと冬虫夏草探し。

世界の美しき鳥の羽根: 鳥たちが成し遂げてきた進化が見えるのその他の作品

藤井幹の作品

ツイートする