イルカ生態ビジュアル百科: 謎に満ちた暮らしから、ウォッチングガイドまで

著者 :
  • 誠文堂新光社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416715772

作品紹介・あらすじ

海に生息するほ乳類として人気が高いイルカ。イルカは多くの水族館でアトラクションが開催されていて、愛嬌のある仕草で観客を魅了しています。野生のイルカと触れ合えるスポットも世界の各所にあり大人気。イルカはクジラと同じ科に属しています。イルカはハクジラ科に属する小さなクジラなのです。同書では、世界のイルカの魅力的な写真を満載し、ファンを視覚的に満足させる。昨今のイルカが浜に打ち上げられるなどのニュースにより、生態に関する感心が高まっており、それらを満足させる野生での知られざる生態もしっかり解説するビジュアル観察図鑑。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016年2月新着

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

■水口 博也(ミナクチ ヒロヤ)
1953年生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事。
1984年フリーランスとして独立。
以来、世界中の動物や自然を取材して数々の写真集を発表。
1991年『オルカ アゲイン』で講談社出版文化賞写真賞受賞。
著書に『世界で一番美しい シャチ図鑑』『世界で一番美しい クジラ&イルカ図鑑』『世界で一番美しい ペンギン図鑑』『ペンギンごよみ365日』『シャチ生態ビジュアル百科』『クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑』『イルカ生態ビジュアル百科』など多数。

「2021年 『世界で一番美しい野生ネコ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水口博也の作品

ツイートする
×